ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.5.26

台湾勢と抜群の相性 サイペイイン上昇急

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGAツアー2022シーズン第13戦『リゾートトラスト レディス』(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)が5月26日、山梨県上野原市・メイプルポイントゴルフクラブ(6580ヤード/パー72)で開幕した。第30回の記念大会。出場各選手の熱気が伝わるように大混戦ムードのスタートだった。首位は6アンダーのサイペイイン。2位タイは、2打差の4アンダーで高橋彩華、菅沼菜々、石井理緒が続く。ディフェンディングチャンピオン・勝みなみは、小祝さくらなどともに3アンダー、5位タイ。
(天候:晴れ 気温:24.4℃ 風速:2.7m/s)
《グリーン=スティンプ:10 1/3フィート コンパクション:22.5mm》

 まさに吉兆だった。サイペイインが3連続を含む6バーディー、ノーボギーの66をマーク。今季2勝目へ向け、好スタートを切った。フェアウェイ、グリーンともにアンジュレーションに富んだコースを見事に攻略し、完ぺきなプレーを展開。それでも、「グリーンが難しい」と話し、「第1打、第2打が良かったからですよ」と満面の笑みをたたえた。

 よほど、調子がいいのだろう。悔しそうに、「スコアをあと2つは伸ばせたかもしれない。6番の2.5メートル、17番は3.5メートルあったけど、すごく惜しいバーディーパットでしたからね」とも。

 第2戦、明治安田生命レディス ヨコハマタイヤで念願のJLPGAツアー初優勝を飾った。しかし、それ以降は4戦連続で予選落ち。これはいただけない。「安心したわけではないけど、ショットが不安定でした」と話す。復調のきっかけをつかんだのは前週、ブリヂストンレディス最終日のペアリングだ。

 「(申)ジエさん、稲見(萌寧)さんのプレーからヒントを得た。お二人はショットメーカーです。クラブを気持ち良く振っていた。見ているこちらまでイメージが良くなって、調子が急上昇。本当にありがたい」と、感謝感激-といった様子である。初優勝後以来、初めてトップ10フィニッシュ。上昇機運に乗った。

 さらに、もうひとつ。「きのうのプロアマ大会、優勝できました。ご一緒したゲスト、アマチュアの方がオークモントGCのクラブチャンピオン。1Wで290ヤードも飛ばします。見ていて気持ちがいい。プロの私がいうのもおかしいけど、本当に勉強になりました。でも、ボールが飛びすぎて、狙いどころが私とは違いすぎる。きょうのスコアは皆さんのおかげです」と、控えめで人の良さを表すメッセージを加えている。

 今大会は第30回の節目。同郷・台湾の曽秀鳳、呉明月、テレサ・ルーら、歴代のチャンピオンの顔写真が、1番ティーイングエリア脇へ飾られていた。スタート直前、敬意を表して、「元気になりました」。

 そして、当コース開催は過去5回で、そのうちの3回が台湾勢という相性の良さだ。「(なぜ強いのか)こればかりは、わからない。謎です」と、首をひねった。ただし、17年大会で4位タイ。それも第1、2日と首位をキープしたデータがある。熱烈歓迎のメイプルポイントを生かせるか。残り54ホールの勝負へ向け、表情が引き締まった。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter