ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.6.19

森田遥 15番で痛恨のミスが…

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ニチレイレディス 袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉県)最終日

 1打のミスが命運を分けた。森田遥は5年ぶりの優勝を目指し、14番まで素晴らしいプレーを展開。しかし、15番の第2打が右の林へ打ち込むミスが飛び出した。続く、第3打もバンカーへ。この日唯一のボギーでしのいだ。

 痛恨の1打を、「実は第2日も2回、同じ失敗を…。ちょっと大げさだった」と説明。敗れて悔しくない選手などいないだろう。にもかかわらず、つとめて冷静に、「優勝した西村さん、最終日にノーボギーの6アンダーでプレーするのは簡単なことではないでしょう」と前置きして、「私はアンダーパーでプレーすることが目標。3日間、60台のスコアですからよくやったともいえるけど、優勝へ届かなかった悔しさもある」と話した。

 ちなみに、「久しぶりで、優勝争いみたいなことができて、楽しかった」と漏らしている。なぜ、みたい-を加えたのだろう。やはり、3打差をつけられたことが大きいのか。意地が見え隠れした、ひとことだった。

(オフィシャルライター・宮脇 廣久)

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー