ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.5.17

亡き父に捧げる勝利 イボミが涙の今季初優勝

 2015年LPGAツアー第11戦『ほけんの窓口レディース』(賞金総額1億2,000万円、優勝賞金2,160万円)の大会最終日が17日、福岡県福岡市の福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,375ヤード/パー72)で行われた。この日、66をマークしたイボミ(韓国)が、通算10アンダーで大会連覇とともに今季初優勝を飾った。2位には大山志保、3位にはテレサ・ルー(台湾)が入った。(天候:晴れ 気温:24.9度 風速:4.0メートル)

 イボミの目には涙が浮かんでいた。亡き父を思い出して…。
 昨年は、8月まで3勝をあげるなど好調なゴルフを展開していたが、9月に父親が死去してからは、パッタリと優勝から遠ざかってしまった。今季に入っても、先週まで優勝はなし。「2位ばかりだったから優勝できないと思っていた」と、弱気になりかけた時もあったという。出場した9試合でベスト5が6回と優勝のチャンスは幾多も訪れていたが、「まだ日本語が不慣れだから、優勝スピーチのことを考えたり、日本人選手が優勝したほうがいいいのかな」と、外国人だからこその不安や心配を抱えてプレーしていたという。コースで見せる笑顔の裏で常に不安や弱気の虫と戦っていた。

 しかし、大きな転機となったのが、先週の『ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ』で優勝したチョンインジとのプレーだった。「最終日、私は不安でいっぱいだったけど、インジさんは楽しい、楽しいとプレーしていた」と、その姿勢に大きな影響を受けた。ゴルフを楽しむ気持ちで臨んだ今大会。ゴルフだけでなく、いつしか父親との向き合い方にも変化が訪れた。「私と父はとても仲が良かったから、思い出すたびに悲しくなってしまって」と、なかなか割り切れなかったその存在。しかし、「父のために頑張ろうと、笑うように心がけたら気持ちが変わりました」と、ようやく新しい向き合い方ができるようになった。父親の存在が「悲しみ」から「励み」に変わったことで、イは生まれ変わった。

 トーナメントレコードで大会史上初の連覇を飾り、ギャラリーが選ぶベストドレッサー賞とベストスマイル賞もW受賞した。父親の死から8ヶ月。ようやく墓前にうれしい報告ができる。


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter