ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.7.31

大会1日目 コメント集

<写真:Atsushi Tomura/Getty Images>

大東建託・いい部屋ネットレディス 鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)1日目

上田 桃子(3位タイ:-4)
「14番、パターでバーディー狙いに行き過ぎての3パットだったので、悔いの残るボギーでした。このコースはボギーも出るし、バーディーもでるコースなので、その中でも攻めるゴルフが必要と思ってラウンドしました。3日間通して、攻めきるゴルフをしたいなと思います」。

佐伯 珠音(3位タイ:-4)
「ボギーを打っても、バーディーが多かったので、いつもはボギーを打つと焦るけど、次のホールで取り返せばいいと落ち着いて出来ました。学生のときも夏の方が成績が出てたので、夏場の方が好きです。(明日は最終組で)初めての経験なので、力入れて焦らないように最後まで落ち着いて今日みたいなプレーがもう1日出来れば」。

アンソンジュ(5位タイ:-3) 2週連続優勝を狙う
「昨日は疲れが取れなかったけど、やっぱり富士山の近くということで温泉が有名なので、温泉に入って血の流れを良くなるようにして。ゆっくり寝られたので、今日は疲れが取れました。(緊張感は)試合モードになると1打1打集中するように切り替えられました。(2週連続優勝は)そうなったら最高だけど、今はそこまで考えず、目の前の毎ホール毎ホール、1打1打をうまくいくようにということだけに集中したいです」。

藤田 幸希(5位タイ:-3)
「(調子は)ぼちぼちという感じですね。昨日よりあんまり良くないけど、悪いなりにまとめられていると思います。綺麗なコースですよね。特に私は洋芝が好きなので。今日みたいなゴルフを淡々と出来たらと思います」。

若林 舞衣子(5位タイ:-3)
「グリーンが難しかったですね。目も傾斜もきつくて。前半読めなかったけど、後半キャディさんに聞いて言われたところに打ったのが良かったです。今年は周りを気にせず自分のペースを心がけているので、それが良い方に向かっています。岡本さんにも焦らずやりなさいと言われているので、今年は気にせずにやりたいなと思っています」。

川満 陽香里(5位タイ:-3)
「コースが難しい印象があったので、1つ1つホールを精一杯あってあがってみたらという感じで狙ってではないです。朝からショットの調子が良いなと思っていて、難しいところは避けながら狙えるところを狙って。(全試合に出場しているが)去年はウェイティングからがあったし、回りからは休んだ方が良いよとも言われるけど、こういう経験はあんまり出来ないので、いける限り今年はやってみようと思います」。

江澤 亜弥(26位タイ:-1)本大会を主催する大東建託所属
「スタートホールは心臓がバクバクいっていましたが、ホールを重ねていくうちに落ち着いてきました。良い緊張感で回れたので、気持がゆるむことなくできたと思います。1番で大東の役員さんがみている前で(バーディー)を取れたので良かったし、9番も役員さんが見ている前でチップインバーディーだったので、良い仕事しているねと言われたし、良いところでバーディーを取れました」。

新垣 比菜(50位タイ:+1)アマチュア史上初の3週連続トップ10入りを狙う
「パッティングがなかなか入らなくて大変でしたね。(全体的に悔しい?)そうですね。ショットの内容も悪かったので、ちゃんとしたショットもなかなか打てなかったので、そこを直せばもっとバーディーチャンスがくるかな。明日しっかり取り返したいですね」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ