ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.9.6

雨中の決戦を制したイボミ。2週連続完全Vで、歴史にその名を刻む

<写真:Atsushi Tomura/Getty Images>

 2015年LPGAツアー第25戦『ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント』(賞金総額6,000万円、優勝賞金1,080万円)の最終日が9月6日、岐阜県瑞浪市のみずなみカントリー倶楽部(6,559ヤード/パー72)で行われた。この日のベストスコアを出した成田美寿々がイボミ(韓国)に並び、勝負は2人のプレーオフにもつれ込んだ。5ホール目でボギーとした成田に対してイがパー。今季4勝目をあげるとともにツアー史上初となる2週連続完全優勝を飾った。1打差の3位にテレサ・ルー(台湾)、2打差の4位には上田桃子が入った。(天候:雨、気温:20.5度、風速:0.9メートル)

 苦しんだ末の今季4勝目だった。前半はスキのない、いつものイボミ。2番、3番と連続バーディーを奪うと、5番もバーディー。一人別世界の様相を呈していた。しかし、後半に入ると事態は一変。10番でバーディーを獲るものの、12番、16番でボギー。猛追してきた成田美寿々に追いつかれ、決着は2人のプレーオフにもつれ込んだ。

 プレーオフはまさに我慢比べだった。1ホール目を共にパーとした両者。2ホール目。今日のハイライトと言ってもいい。「狙いすぎてしまった」というセカンドショットはグリーンを捉えることができず、グリーン左奥のラフへ。「芝が違った感じだった」と、3打目となったアプローチは、グリーンにすら届かないミスショット。この時、誰もが、既にパーで上がっていた成田の優勝を確信しただろう。「入れないと負ける」。勝利への執念で5mの距離をねじ込んだ。しかし命をつなぎ留めた起死回生の一打にも表情を一切変えない。「集中していると笑わないんです」。まさに、成田との死闘を物語る。その後は一進一退。二人の白熱した戦いは、終わりがないとさえ感じられた。そして、迎えた5ホール目。イのティーショットはフェアウェイセンターを捉えたが、成田のティーショットは右の林へ。結局、このホール、イがパーだったのに対して、成田はボギー。軍配はイに上がった。

 雨中の決戦を制したイ。これで、自身初の2週連続優勝を飾るとともに、2週連続完全優勝を果たした。1988年のツアー制度施行後誰も成し遂げていない大記録。「優勝もうれしいけど、記録を作れたのがうれしい。私の名前が残るから」。今のイには隙が全く見られないだけに、記録の更新はまだまだ続きそうだ。


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter