ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.10.1

“I dreamed about your win ! ”ベイブ・リュウがステップ・アップ・ツアー初優勝!

 2015年LPGAステップ・アップ・ツアー第12戦『フンドーキンレディース』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の最終日が、大分県臼杵市の臼杵カントリークラブ(6,461ヤード/パー72)で行われた。

 大会最終日は、5位タイからスタートしたベイブ・リュウが68をマークし、通算7アンダーでステップ・アップ・ツアー初優勝を飾った。通算6アンダーの2位タイには前年度優勝者の槇谷香とルーキーの野澤真央。通算5アンダーの4位には、平野ジェニファーが入った。(天候:雨のち曇り、気温:23.8℃、風速:1.2メートル)

 「今日は本当にパープレーでいい」と謙虚な気持ちでスタートしたベイブ・リュウ。しかし、「先週パッティングが悪かったけど、セカンドショットは先週から良かった」と2番で2メートルに付け、バーディーを先行させると、9番でも2メートルに付けバーディー。後半の11番、12番でも連続バーディーを奪い、通算7アンダーまでスコアを伸ばした。14番は「クラブ選択を間違えた」とボギーとしたが、最終18番では「ティーボックスでボードを見て“プレーオフはイヤだ! バーディーが必要!”」と、この日冴えまくったセカンドショットで最後も90センチに付け、見事バーディーを奪った。終わってみれば5バーディーを奪い、通算7アンダーで日本での初優勝を決めた。

 「お母さんに優勝した事を伝えたくて電話しようと携帯を見たら、メンタルコーチの曽秀鳳さんから“I dreamed about your win ! ”ってメッセージが入っていて、ビックリしました。優勝決まる前のメッセージなのに、“優勝する夢を見た”って(笑)。お母さんには、“勝ったですよ”って伝えたら“エッ! ウソでしょ?”って言われました(笑)。すごく喜んでくれたけど、電話するたびに泣きたくなる。優勝を家族と分かち合いたかった…」と終始笑顔で優勝インタビューにこたえてくれたベイブ・リュウだが、この時ばかりは少し遠くを見ていた。

 ベイブ・リュウにはもう一人コーチがいる。今年の『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』で日本ツアー初出場初優勝を決め、全米女子オープンも制覇したチョンインジのコーチだ。「パクワンコーチは英語と韓国語とスイングを教えてくれます。コースマネジメントが一番勉強になっていて、昔はピンばかり狙っていたけど、グリーンに乗せることを大事に考えるようになった。そうするようになったらバーディーチャンスも増えた。でもドライバーはあまり飛んでいなくてスイングはまだ未完成。身体の開きが早くてトップも高いからそれを改善したい」と優勝しても先を見据えている。

 「インジはアメリカで、私は日本で頑張りたい」と日本で初優勝しても浮かれず、まだまだ伸びしろがあるベイブ・リュウがレギュラーツアーに挑戦する。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter