ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.10.5

ケガの功名からシンプルに 川久保百代が首位発進!

 2016年度LPGAレジェンズツアー最終戦 『グリーンアカデミーカップ』(賞金総額1,000万円、優勝賞金180万円)の1日目が、福島県白河市のグリーンアカデミーカントリークラブ 白河コース(5,901ヤード/パー72)で行われた。

 大会1日目は、川久保百代が4アンダーで単独首位に立った。1打差の3アンダー・2位タイには、鎮西まゆみ、ケイジャンヌ、金晶秀が続いている。今季レジェンズツアー完全制覇がかかる鬼澤信子は、5オーバーの56位タイと出遅れた。(天候:曇り 気温:20.9℃ 風速:3.8m/s)

 「振り返るとノーボギーって感じでしたね(笑)」と、出場選手中ただ一人のノーボギーラウンドで初日を終えた川久保百代。「シブヤカップで左手を痛めてから両肘や背中も痛めて、なかなか身体と打球をコントロール出来なかった。なので、1ショット1ショットを考えよう、ターゲットを取ってそこに振る。余計な事を考えずにシンプルなゴルフが出来ました」。8月の『シブヤカップ』こそ、初日4位タイからケガの影響で予選落ちしてしまったが、先月の『アリナミンVカップ』は4位タイ。今日もシンプルな考え方で首位スタートを決めた。

 「サポートしてもらっているファイテンさんが今回来てくださって、痛みが軽くなっているのも大きいです。手首と肘が良くなったし、回復具合が全然違う。ファイテンさんのおかげで選手生命を長くしてもらっています。"鬼澤さんは身体が強いな"って改めて思いました。ステップで優勝争いして、女子オープンも出て、今回プレー出来てるって事もすごいですし、その中で3連勝して来ているっていうのは本当にすごいですよね。"付いて行きます"って感じです」。今季レジェンズツアー完全制覇を狙って出場してきた先輩の姿に、"ゴルフは身体が資本"という事を改めて考えさせられたという。

 「今年のステップアップツアー『ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース』でスカイAさんのラウンド解説をやらせていただいて、1日目、2日目、最終日と、人間って緊張するとこれだけ変わるんだなって事が分かりました。私も緊張する方なんですけど、"私だけじゃないんだ"って思いましたし、優勝したアマチュアの吉本ひかる選手も流れを変えようとボールを替えたり、選手の心情が良く分かったので、本当に勉強になりました。明日はその経験が生きると思う。私も変身しないように、シレッと回って来たいですね(笑)」。今季のレジェンズツアーでは3戦して4位タイが2回。レジェンズツアー初優勝に向け、勝負の最終日に挑む。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ