ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.4.23

吉田弓美子が混戦を制してツアー6勝目を飾る

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

 2017年度LPGAツアー第8戦『フジサンケイレディスクラシック』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)の大会最終日が、静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード/パー72)で行われた。(天候:晴れ 気温:14.8℃ 風速:1.4m/s)

 大混戦となった大会最終日。最後に栄冠を手にしたのは吉田弓美子。痛めている背中を気にしながらの苦しいラウンドとなった大会最終日は、スタート直後の1番、2番と連続ボギーを叩く苦しい展開となった。

 「1番ホールのセカンドショットで少し無理をして。それでまた背中に痛みが出てしまって、どうしようかと思いました。ただ、無欲というかなんとか最後までプレーしようという思いだけでやった結果が、優勝という形になって不思議な気持ちです」。

 昨シーズンは途中まで好調なプレーを続けながらも体調を崩し、後半戦はほとんどの試合を欠場することになった。

 「ゴルフ場に足を運ぶこともできなくなり、ゴルフが好きなのにクラブも握れなくなってしまって。それで思い切ってゴルフから少し離れることを決断したんですが、その時のことを思うとよく帰ってこられたなと思います」。

 ゴルフは孤独との戦いだ。もちろんファンや家族、サポートしてくれる人々は周囲にはいるが、結果が出なくなったり、思うようなゴルフができなくなったりすると、全てが自分の責任のように感じてしまう。そのようなトンネルに入ってしまい抜け出せなくなる選手も少なくないが、吉田のゴルフへの思いの強さが今回の優勝を引き寄せたと言っても過言ではない。本人は無欲と表現するが、その真っ直ぐな気持ちが川奈の女神を微笑ませたのかもしれない。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ