ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.5.19

岡山絵里がトーナメントコースレコードタイで単独首位発進!

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

 LPGAツアー第12戦『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』(賞金総額7,000万円、優勝賞金1,260万円)が中京ゴルフ倶楽部石野コース(6,401ヤード、パー72)を舞台に開幕。会場には5000人を超えるギャラリーがつめかけ、その声援も後押しとなり好スコアが続出した。(天候:晴れ 気温:26.3℃ 風速:1.5m/s)

 大会初日、好スタートを切ったのは岡山絵里。トーナメントコースレコードタイとなる9アンダー63をマークし、単独首位に立った。もともと喜怒哀楽を出すタイプではない岡山だが、予想通りラウンド後もあまり喜んでいる様子はなかった。ただ、心の内は違った。

 「めっちゃ嬉しいという心境です。7アンダーまで伸ばせた時は、今日は10アンダーまで伸ばしたいと考えていたんです。そこには届きませんでしたが、最終ホールでバーディーを獲れたのはよかったです」。

 2週前の『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』では、大会初日を首位タイでスタートしながら、最終日に4オーバー76を叩き失速。結局14位タイに終わった。しかし、それに関しても何かを引きずっているわけではないと言う。

 「よくあの最終日のことは聞かれるんですが、自分としてはそこまで自分の実力があるとは思っていませんし、4オーバーを打つのも自分の実力だと思っているので、全く後ろ向きにはなっていないんです」。

 良いスコアが出るときも、叩いてしまうときもあるのは当然。大事なことは、どんな状況下でも自分の足元がしっかり見えているかどうかだ。今の岡山にはそれができているように感じる。悲願のツアー初優勝に向けて、明日の2日目も自分のゴルフに徹するだけだ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ