ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.9.22

ステップアップツアー3勝目! 福山恵梨が賞金ランキングトップに返り咲く

<Photo:Masterpress/Getty Images>

 2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第17戦『中国新聞ちゅーピーレディースカップ』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)の大会最終日が、広島県廿日市市の芸南カントリークラブ(6,424ヤード/パー72)で行われた。単独2位からスタートした福山恵梨が、69をマークし、通算12アンダーでステップアップツアー3勝目を飾った。2打差の2位に新田彩乃。さらに1打差の3位タイには、野澤真央、照山亜寿美、ルーキーの吉本ひかるが入った。(天候:曇り時々雨 気温:19.7℃ 風速:1.3 m/s)

 「今までの優勝とは全然違う。やっと3日間大会で勝てた」と話し始めた福山恵梨。「前半は苦しかったです。出だしでボギーを叩いて“何やっているんだろう”って悲しかった。(同組の)他の2人はフェアウェイなのに、私はずっとラフを歩いていた。“今日は私の日じゃないのかな”って思いました。優勝争いしているのに、前半1オーバーですから」。スコアを1つ落として、前半を終えた。

 「ハーフターンして、(照山)亜寿美ちゃんと2打差だったので、“後半は全部バーディーを獲ってやろう”っていう気持ちに変わりました」と話すように、10番でいきなりバーディーを奪った。「11番は、私も亜寿美ちゃんもバーディーチャンスに付いたんですけど、私の方が遠かったので、“これを入れたら流れが変わるかな”と思って打ちました」と4mを沈め、通算10アンダーでトップを走る照山に追い付いた。13番で3mのバーディーパットを決め、さらにスコアを伸ばすと、「ここで気持ちに余裕が出来た」と続く14番でグリーンエッジから7mをパターで沈め、通算12アンダーとした。「16番から雨が強くなってきたし、上がり3ホールでスコアを落とすクセがあるので、16番の5mのパーパットは大きかったです。私に流れが来ているって思った」。そのままスコアを崩すことなく終盤もパーを重ね、念願の3日間大会での優勝を決めた。降り続いていた雨も、優勝パットが決まったときには上がり、福山の涙へと変わっていた。

 1991年にステップアップツアーが始まって以来、初めてとなるシーズン3勝目を記録した福山。「“初”っていうのは、うれしいですね。やっぱり広島と相性いいかもしれないですね。生まれも育ちも福岡市なので、野球はソフトバンクですけどね(笑)。日本シリーズでカープと戦ったとしても、野球はソフトバンクを応援しますよ(笑)。私のゴルフは、福岡1勝、広島2勝ですけど、日本シリーズでは負けませんよ」。

 この優勝で、ユピテル・静岡新聞SBSレディース以来となるステップアップツアーの年間獲得賞金ランキング1位に返り咲いた。「メッチャうれしいです。今年一番うれしいかも(笑)。ステップアップツアーも残り4試合なので、この勢いでステップ初の賞金女王を目指したい」と誰も見たことのない頂点を目指す。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ