ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.10.5

大会1日目 コメント集

かねひで美やらびオープン かねひで喜瀬カントリークラブ(沖縄県)1日目

谷河 枝里子 (1位タイ:-1) 現在ステップアップツアー賞金ランク2位
「6番で3オン3パットのダボだったんですけど、あのダボで気持ちが切り替えられました。“もう何があってもエッジまでの距離しか打たない”って。それがうまくいきましたね。14番のパー3も“エッジまで140ヤード”って決めて打ったら、左手前2mについてバーディーでした。明日も自分で決めたことを18ホールやるだけです」

新垣 比菜 (3位タイ:イーブン) 地元沖縄県出身
「ロングパットが何回か入ってくれましたし、途中3連続バーディーがあって流れが良かったです。やっぱり地元開催ですし、良い結果を残したいです。トップとは1打差なので、巻き返していけたらいいなと思います。ショートアイアンがイマイチだったので、明日はそこが上手くいってほしいです」

小林 由枝 (3位タイ:イーブン)
「パーパットがスコスコ入ってくれて耐えた感じです。風が強すぎて、15番のセカンドショットは、練習ラウンドのときと5番手も違いました(笑)。モロにアゲていたので。でも、この風の中、よく耐えられたと思います。“焦らず大きめに打とう”とか“手前でいいや”って割り切ってプレー出来たのが良かった」

槇谷 香 (3位タイ:イーブン)
「天気予報通りの風の方角だったので、番手で迷うことはあったけど、シンプルに考えられました。後半は難しいホールが続いたので、スコアを落としたのはしょうがないですけど、14番のパー3で池に入れちゃったのは、番手選択のミスでしたね。練習ラウンドのときは、暑さに身体がついていかず不安でしたけど、まずまずだと思います」

田村 亜矢 (3位タイ:イーブン)
「あまりパッとしない内容でしたけど、この風の中でも余裕を持ってプレーすることが出来ました。ショットの調子は良くなかったけど、うまくまとめられた。13番のセカンドショットで5番ウッドが木に当たって折れたんですけど、そのホールでパーが取れてよかった。常に自分の課題であるパッティングが決めきれなかったので、しっかり練習しないと」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ