ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2007.9.2

ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント 最終日

 LPGAツアー第24戦『ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント』(賞金総額6,000万円、優勝賞金1,080万円)最終ラウンドが、北海道美唄市のアルペンゴルフクラブ美唄コース(6,364yard Par72)で開催された。

 強風が吹くと戦略に悩まされる本コースも、今年に限っては強風もなく、3日間を通じて北海道らしい爽やかな気候に恵まれた。その中、5バーディー2ボギーの69で回った飯島茜が通算10アンダーで横峯さくらとのプレーオフを制し逆転優勝。昨年3月以来のツアー2勝目を飾った。3位には通算8アンダーの諸見里しのぶが入った。

 単独首位でスタートした宋ボベ(ソン ボベ・韓国)はなかなかスコアを伸ばせず優勝争いから後退。1日目からノーボギーの横峯はこの日も3バーディーノーボギーの69でラウンドし3日間ノーボギーを貫いた。同じ2位タイからスタートした飯島と1ストローク差で18番を迎え、そのまま逃げ切れるかと思われた。しかし、飯島が18番でバーディーを奪い通算10アンダーで並ぶとプレーオフに突入。プレーオフ4ホール目、横峯が今大会初めてのボギーを叩くと、飯島がパーを決め決着がついた。飯島は「本当に嬉しいです。今まではパッティングが入らないで優勝争いをすることが出来ず自らスコアを落としてましたので・・・」と歓喜の涙を流した。「(プレーオフ4ホール目は)ピンポジションも変えられて、風で手前にいってしましましたが、同じようなところからアプローチできたので良かったですね。今後は自分のプレーをもっと見せたいですね。3勝を目標にしているので、これからも頑張ります」。

 惜しくもプレーオフで敗れた横峯は「すごく悔しいです。最後にボギーを打ってしまいましたね。17番のバーディーパットが一番悔やまれます。プレーオフ最後のパーパットはフックに読んで、思った以上に切れてしましました」と悔やんだ。今季3度目の2位。この雪辱を果すべく今後の巻き返しに期待したい。

3位 諸見里しのぶ
「前半ずっとバーディーパットが決まらなくて9番でボギー・・・。まぁ、でも3日間通しては良いゴルフが出来たと思います。優勝は出来なくても、どんどん上位に食い込んでいく気持で頑張ります。来週からは大きな試合もあるので、チャンスもあるし、攻めて攻めて頑張ります」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter