ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.5.27

Day 3 鈴木美重子のプラスワン テック

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

リゾートトラスト レディス 関西ゴルフ倶楽部(兵庫県)最終日

 大会第1日から首位を快走した岡山絵里が、ツアー初優勝。それも、プレーオフを勝ち抜き、完全優勝を飾りました。練習日から、素晴らしいスイングをしている。そんな印象を受け、密かに注目。そのスイングは日増しに鋭さを増していきました。どこが、良かったのか。アドレスから全く、ゆるみ、よどみが感じられない。心技体が充実していた証明です。つまり、アドレス通りにボールが飛んでいく。勝つべくして勝った、堂々の優勝でした。

 プロ入りしてから、4年目を迎えた今シーズン。前記したように、とにかく、スイングの安定感が目立った1人でした。プレーオフの第2打のバンカーショットも、お見事。一見、ピンチでも、彼女は内に秘めた強さがあります。練習もテーマをもって、意欲的に取り組んできました。忘れられないのは、昨年のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ。最終日、クラブハウスを出てから、涙を流していたシーンです。人前ではなく、陰に隠れて。予選ラウンドでは快調だったショットが、決勝ラウンドの2日間はなりを潜めてしまった。歯がゆさが、そうさせたのでしょう。

 最終日にスコアを伸ばすことが、課題。ずっと、岡山さんが語っていたことです。経験を重ね、見事に結実。さて、次の目標は当然、2勝目です。リクエストをするとしたらプレー中、もっと自分をアピールしてほしい。笑顔を浮かべながら、ギャラリーの声援に応える。そうすれば、もっと勝てる。もっと伸びるとエールを送ります。

 それにしても、大混戦で誰が勝つのか、予想がつかない。天候に恵まれたことはもちろんのこと、コースのコンディションが素晴らしかったことも、各選手の奮闘をアシストしてくれた要因だと思いました。惜敗した、勝みなみさんなど若手の大活躍で、ツアーはこれまでにない活気に包まれています。一方で、ベテラン勢も大健闘。最終日の穴井詩さん、上田桃子さん。まだ、ベテランとはいえませんが、成田美寿々さんもナイスラウンド。

 また、忘れてはならないのが、初の最終日、最終組を体験した小橋絵利子さんです。予選ラウンドはノーボギー。惜しくも、49ホール目でボギーを叩いてしまったものの、落ち着きがあり、とにかくいいゴルフをしていた。年齢からすれば、ベテランの領域ですけど、次の優勝争いのチャンスは、すぐ、そこに-。

(鈴木美重子=担当理事)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ