ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2008.6.2

リゾートトラストレディス 開催!

 初夏の風に乗って2008LPGAツアー第13戦『リゾートトラストレディス』(賞金総額7,000万円、優勝賞金1,260万円)が6月6日(金)から8日(日)までの3日間開催される。

 16回目の開催となる戦いの舞台は、大会として8コース目の滋賀県甲賀市にある「ザ・カントリークラブ」(6,619y par72)だ。世界の数々の名コースを設計してきたロバート・トレント・ジョーンズJr.が“あるがままの自然を生かして”をコンセプトにデザインした。巧みに配置された池、バンカー、マウンド。そのバンカーの数は、なんと79個を数える。

 今大会は、先週の『廣済堂レディスゴルフカップ』初日LPGAツアータイ記録となる62というビッグスコアをマークし、圧倒的な強さで見事制した、飯島茜を始め、歴代チャンピオンの不動裕理、茂木宏美、中田美枝、また横峯さくら、古閑美保、諸見里しのぶ、大山志保、佐伯三貴、福嶋晃子などの総勢108名が本大会に挑む。

 昨年の本大会は最終日、多くのギャラリーが見守る中、単独トップの上田桃子が68と安定したゴルフを展開。3位でスタートした不動裕理が猛チャージの65で回り、通算11アンダーで並び、プレーオフとなった。プレーオフの1ホール目、上田の3打目がピン横3mについたのに対し、不動はアプローチをミスして4オン。不動がパーパットを外し上田がプレーオフを制した。

 また本大会は、毎年「リゾートトラストグリーンキャンペーン」が実施され、地域の緑化推進をバックアップしている。“美しき自然との共存”をテーマに大会会場においては、苗木のチャリティ販売会もおこなわれる。

 今年も開幕からすでに12戦が終了し、大混戦の戦いが繰り広げられているLPGAツアー。今シーズン最長となる6,619ヤードの美しき牙城を制するのは、一体誰なのか。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ