ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2008.7.4

ベルーナレディースカップゴルフトーナメント 第1日目

 LPGAツアー第17戦『ベルーナレディースカップゴルフトーナメント』(賞金総額6,000万円、優勝賞金1,080万円)の第1日目が群馬県甘楽郡の小幡郷ゴルフ倶楽部(6,379 Yards,Par72)で開催された。

 この日の気温30.9℃。夏の到来を思わせる暑さとなった小幡郷ゴルフ倶楽部。猛暑の中で各選手が、次々とスコアを伸ばす白熱した試合が展開された。そのなか初日飛び出したのは、地元群馬県出身の茂木宏美。この日9バーディー2ボギーの65のラウンドで7アンダーとし、単独トップに立った。1打差の2位にはイ ジウ(韓国)、さらに1打差の3位には中田美枝が続いている。

 初日から地元の親戚や知人など、多くの応援を力にスコアを伸ばした茂木。本人も「今季トータル的に一番良かった」と会心のラウンドを振り返る一方、「もったいないボギーを打ったのが悔しい」とプレー中は終始厳しい表情でのラウンドだった。最近好調のショットに加え、「気分転換に変えた」パターもこの日は冴えた。明日以降は「一昨年に上位に入った時より、全体のレベルが上がっているので、もっとスコアを伸ばして行かないと」と攻めの姿勢で試合をリードする。

2位 イ ジウ 6アンダー(7バーディー1ボギー)
「今日はアイアンショットが特に良かったです。パットもよく入ってくれました。私は寒いより暑い方が好きなので、明日以降もこの調子で上位を狙っていきたいです」。

3位 中田美枝 5アンダー(6バーディー1ボギー)
「このコースはいかにスコアを伸ばしていけるかというのがポイント。明日以降もボギーを叩かないようにスコアを伸ばして行きたいですね」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter