ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.6.20

鈴木愛 連覇のカギはグリップにあり!

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

 LPGAツアー第17戦『アース・モンダミンカップ』(賞金総額1億8,000万円 優勝賞金3,240万円)が6月21日、千葉県袖ケ浦市・カメリアヒルズカントリークラブ(6,620ヤード/パー72)で開幕する。20日はプロアマトーナメントが行われた。次週はオープンウィーク。また、今大会後に第1回リランキングが行われるだけに各選手、必死の調整を続ける。

 注目は、やはり鈴木愛。ディフェンディングチャンピオンに加え、仮に連覇を飾れば、生涯獲得賞金5億円を突破する。さらに、単独4位以上でフィニッシュすれば、年間1億円突破の最短記録。ところが、「ゴルフの調子はいまひとつ。前週、勝っていても、ショットがすごいとか、パッティングがいいなど、そういう具体的にアピールできることはありません」。淡々と自己分析を行った。
 そうはいっても、準備を怠っているわけではない。18日の午前7時からじっくりとコースを視察。翌19日は、左ひざのケアをナショナルトレーニングセンターで行った。そして、開幕前の最終チェックは、グリップの感触を確かめることだ。「握った感じがしっくりこなかったから、週初めに替えていただきました」。さて、このグリップだが、独自のこだわりがある。
 「私は、各クラブのイメージがある。それに従って1本ずつ、グリップカラーを決めています。今回も1時間は迷いました。でも、いい感じで統一できたと思う。ギャラリーの皆さん、グリップにも注目してください」と、うれしそうに話してくれた。一方、10戦4勝と素晴らしい今季の成績が示すように、昨年とは思考法がまったく違うことも力説していた。
 「以前は、とにかく勝ちたい。優勝したい。常に先のことばかりを考えていた。それが、今年はいいプレーをすれば、結果がついてくる。そう、思うようになってきた。報道陣の皆さんや、周囲の方々からも1億円ばかりをいわれるけど、私はお金など少しも気にかけていない。ゴルフの内容です。これが一番」とアピールする。
 ちなみに、もっかの悩みは、クラブセッティング。「5W、7W、それとも3本のアプローチウェッジのどれを抜こうか、本当に迷っている。だけど、あすの朝、ピンの位置などがわかれば、おのずと答えが出る。きょうはしっかり休んで、脳をすっきりさせますよ」と笑顔で答える。
 さて、この日、クラブハウスを最後に出た選手は、やはり鈴木。練習をしっかり行い、午後5時30分から体のケアを入念に受けた。最高の準備、完了-。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter