ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.9.20

居残りの丹萌乃 ステップ2勝目へ躍進

 2018年LPGAステップ・アップ・ツアー第17戦『中国新聞ちゅーピーレディースカップ』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会第2日が20日、広島県廿日市市・芸南カントリークラブ(6,460ヤード/パー72)で行われた。この日は、降雨によるコースコンディション不良のため10時35分、競技を中断。12時19分に再開し、17時48分に全選手がホールアウトした。今季、ステップ初優勝の丹萌乃が、通算8アンダーで立浦葉由乃と並んで首位へ浮上。1打差の3位に上原美希。4位タイには、河本結など6人が付けている。(天候:雨 気温:19.2℃ 風速:1.5m/s)

 ステップ賞金ランク4位の丹萌乃が、首位へ躍り出た。「今日はショットがよかった」と好調の要因を分析。なるほど、8番の20センチ。13番では「もうちょっとで、イーグル」と自画自賛した、第2打がピン10センチに迫る。雨をチャンスに変えた。「グリーンが柔らかく、よくボールが止まる。積極的に狙った」と3連続バーディーなどを振り返った。6バーディー、1ボギーの内容は持ち味をフル回転させたといえるだろう。

 2番終了時、競技が一時中断。ところが、「(高木)萌衣さんときつねうどんを食べ、ミルクティーを飲んでリラックスできた」という。

 2週間前の日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯も雨のラウンドだった。しかし、予選通過を果たし、26位タイでフィニッシュした。「選手権は、雰囲気がよくて楽しかったです。2日間、アンダーパーのプレーができたことが自信になった。しかも、先輩たちが何人も『優勝おめでとう』とステップの優勝を喜んでくださいました。今回も、その言葉が励みに」。

 ホールアウト後には、チャリティー募金活動を行った。さらに、インタビューが終わると、1人でパッティンググリーンへ向かう。「パッティング練習が一番好き。最終プロテストで失敗してから、毎日パッティング練習をしている」。練習は成果となった。現在、平均パット数が1位。加えて、最終日の平均ストロークも1位だ。今季2勝目に期待がかかる。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter