ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.11.3

圧巻の64 ミンジー・リーが首位

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 国内唯一の全米女子プロゴルフ協会公式戦。また、LPGAツアー第35戦も兼ねる『TOTOジャパンクラシック』(賞金総額1,500,000ドル、優勝賞金225,000ドル)の大会2日目が11月3日、滋賀県大津市・瀬田ゴルフコース北コース(6,659ヤード/パー72)で行われた。この日、好調だったのはミンジー・リー。通算13アンダーにスコアを伸ばし、単独首位に立った。2位は通算10アンダーの小祝さくら。通算9アンダーの3位タイに畑岡奈紗、申ジエが続いている。(天候:晴れ 気温:16.6℃ 風速:2.8m/s)

 迅速果断が身上。ミンジー・リーのスピーディーなプレーにギャラリーも驚かされただろう。それも、ただ速いだけではない。8バーディー、ノーボギーは見事というしかない。「決めたら、すぐ。ショットもパッティングも同じです。打つ前に、いろいろと考えるとプレッシャーを感じる。それから、いいショット、いいパッティングなど、さまざまな欲が出てくるから……」。プレーファーストは、ゴルフを始めた頃からの信念だった。

 この日マークした64は心技体、すべてが充実している証明でもある。ここ3週のアジアシリーズも優勝を飾っていないが、3位→14位→2位と好調。「前週も勝てなかったけど、いいプレーができた。あすはチャンスだと思う」と今季2勝目、ツアー通算5勝目へ向け、手応えがかなりありそうだ。もっか世界ランキングは5位で、賞金ランクは2位。来日歴も多いが、日本ではこれまで好成績は少ない。当然、実績と比較し日本での知名度はいまひとつだが……。

 「コースでは、日本人選手のファンがとても多かった」とうらやましそうに語ったが、「私にも力強い味方がいるんですよ」と胸を張る。海外から4人のファンが駆け付け毎ホール、声援を送り続けた。ごひいきはありがたいものだ。好機到来。日本初Vのチャンスをグイっと引き寄せた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ