ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.3.9

原江里菜 1打の執念で2位タイへ浮上

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)第3日

 3年ぶりのシード返り咲きを狙う原江里菜が、しぶといプレーで2位タイ。特にタフなコンディションのこの日は、1打にかける執念を感じさせた。「つらかったです。優勝争いというより、私はその前にリランキングという関門というか、ノルマがある。心がけているのは1打をムダにしないことです」。

 かといって、自身へ強烈なプレッシャーをかけるわけでもない。「目標はイーブンパーでした。ただ、チャンスが少ない。前半、いくつかチャンスがあったけど、風が強くて攻めるわけにはいかなかった」といいながら、17番のバーディーを解説する。「14メートルぐらいあった。3パットしなければいいと思ったら、ジャストタッチでピンの手前、2メートルぐらいからカップインするまで見ていた。ラッキーでしたね」と前置きし、「最終の18番は、きょう一番近いバーディーチャンス。でも、前のホールでいいのが入ったから、気が抜けてしまったのかなぁ」と連続バーディーはならなかった。

 昨年から導入したリランキング制度は、ツアーのレベルアップにつながっているのは歴然。ただし、各選手、その対策について、「先手必勝です」と口を揃える。アドバンテージを握るため、原も必死だ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ