ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.5.3

葭葉ルミ 令和初Vへ-上昇急

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント 浜野ゴルフクラブ(千葉県)第1日

 わずか2分差。新時代、令和のバーディー第1号を逃した。それでも4アンダー、6位タイで好スタートを切った葭葉ルミには、それ以上の目標がある。「優勝第1号は絶対、逃さない」。ところで、バーディー第1号は誰か。アマチュアの吉田優利がスタートホールの1番で記録した。

 ただし、第2号になった葭葉のバーディーは、ギャラリーから喝さいを浴びている。2番、第2打を1.5メートルにつけ、きっちりと沈めた。第1打の飛距離の精度といい、アイアンショットの切れ味が素晴らしい。磨きがかかった印象を受けた。「私自身、令和で初めてのバーディー。カップインした瞬間、すごくうれしかったです。きょうは、ショットがここ最近ではないぐらいに、思い通りでした。特に縦の距離感が合っている。ピンをしっかり狙い、チャンスをたくさんつくった」とご機嫌だ。

 飛ばす。寄せる。決める。3つの条件が揃った。前半、1アンダーで折り返す。ハイライトは後半、最初のバーディーを奪った12番からだ。14番の1メートル、15番では5メートルを決めた。16番はボギーだったが、18番では2オンに成功。第2日へ、勢いを増しそうなバーディーフィニッシュである。「ティーショットは、ほとんど曲がらなかった。それから、きょうはボールを思い切り飛ばしたいという気持ちが、とても強かったと思います。おかげで、クラブをのびのびと振ることができた。手応えがあったから、ボールも飛んでいたと思う」。

 ディスタンス女王である。第1日のドライビングディスタンスは、平均250.5ヤードを記録。2017、18年と2年連続1位に輝く。今シーズンも開幕から前週まで、首位をキープ。「開幕から体の調子がすごくいい。シンプルで負荷の少ないスイングができています。オフの成果でしょう」と分析。重いバットのスイング、ランニングで徹底的に身体を鍛えあげ、時代は変わっても昭和の伝統、スポ根は葭葉が受け継いでいた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ