ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.5.4

5月、大城さつきが開眼−

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント 浜野ゴルフクラブ(千葉県)第2日

 5月は、大城さつきの季節。この日4バーディー、ノーボギーの68で回り、通算8アンダー、3位タイで最終日を迎える。好調の要因は、アマチュアのような素直な心持ち。そして、ボギーを打たないゴルフの基本を身上としているからだ。「きのう、ボギーがなし。きょうはピンチがいくつかあって、ボギーを打ったら気持ちが楽になるだろうか…。そんなことを考えてしまった。でも、それでは一生懸命、教えてくださる(飯島)茜さんに申し訳が立たない」。

 月が替わって、一変した要因は、ショートパットの不安が解消したことだ。良き師と巡り合ったことを、心から喜んでいることがうかがえた。「自分では、ショートパットのバックスイングが大きく、緩んでしまうことが外す原因だと思っていた。でも、茜さんから、(バックスイングが)小さいうえに、打ち急いでいると逆のことを指摘されたんです。確かに、そうでした。しっかりといいイメージをつくり、ルーティンを守ったら、きょうもノーボギー。助かりました」と感謝の気持ちを言葉にする。

 前日もホールアウト後、指導を受けた。これまた、即効−。10番、左手前ラフからの第3打はお見事だった。「うまくスピンがかかって、手前1メートルぐらいについた。練習で、手で打つのではない。足の裏で感じろといわれたんです。確かに、足裏を意識すると、クラブの軌道と入り方がいい。私は、よく意味がわからないから、アマチュアのように1から10まで教えてもらっている。あれだけ難しかったゴルフが結構、簡単に考えられるようになった気持ちがしています。足の裏でなんて、表現が天才でしょう」と最敬礼する。

 となれば、成績で恩返し。「母と甥が応援に来ている。ここで勝てたら、かっこいいですね」。ごもっともだ。ちなみに、9月生まれの大城へ、さつきの由来を質問すると、「生まれた時、顔のイメージをみて両親が決めたらしい」。5月の空のように晴れやかな表情だ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter