ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.6.23

鈴木愛 大会連覇&2週連続V

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

 LPGAツアー第16戦『ニチレイレディス』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)大会最終日が6月23日、千葉市若葉区・袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,548ヤード/パー72)で行われ、鈴木愛がLPGAツアー通算12勝目を飾った。試合は通算9アンダーで並んだ、高橋彩華とのプレーオフへ。1ホール目で鈴木がバーディーを奪取し、大会連覇と自身初の2週連続優勝を達成した。通算7アンダー、3位タイは小祝さくら、河本結、三ヶ島かな、比嘉真美子。(天候:曇り 気温:23.4℃ 風速:3.7m/s)

 勝負に楽はない。大会連覇と2週連続優勝を飾った、鈴木愛は、「こんなにたくさんの方が、私たちのために声援と拍手で激励してくださった。だから、よけいに良いプレーをお見せしたい。お見せしなければならない、と思いました。だから、プレーオフの前の18番、イーグルで優勝を決められたら、もっと盛り上がったでしょう。そのあたりが、これからもっとうまくなるポイントかもしれませんね」。

 昨年は申ジエ、テレサ・ルーの実力者と三つ巴。2年連続でサドンデスの戦いである。プレーオフは良いイメージの残る18番だ。第1打でアドバンテージを握り、残り215ヤードは7Wを選択。ピン手前6メートルにつけた。「カップまでの距離を合わせようとすれば、おそらくショートしたでしょう。だから、しっかりとイーグル狙い。きょう、一番良かったのは、最後の最後まで気を抜かなかったこと。それと、試合中にあせらなかったことですね」と、冷静に分析した。イーグルはならなかったものの、楽々とバーディーで締める。今季3勝目、LPGA通算12勝目は、新たな可能性をアピールするステージだったのではないだろうか。

 最大の勝因を「11番のパーセーブ」と即答。9番でアンラッキーが重なり、よもやのダブルボギーを叩いた。また、第2日のホールアウト後、「あすのポイントは10番でバーディーをとれるか」と説明したが、これもまたうまくはいかない。ところが、集中力が途切れるようなことがなかった。「11番で、3メートルのパーパットが入った。本当に、本当にあそこが大きいと思います。まだ、優勝の流れは私に来ていると感じることができたから」。

 スマイル大作戦を今大会も大展開。「じっくりと我慢ができるようになったのは、宮里藍さんのサントリーレディスオープンゴルフトーナメントからです。以前からメンタルトレーニングを受けようかなぁとも考えていたけど、コースでプレーするのは私。誰に何といわれようとも、人に習ってできることではない。自分で鍛えるしか方法はありません」と前置きし、「だから、(LPGAの)小林会長から、前週に笑顔でプレーしなさい、と声をかけていただいたことがすごく大きい。事実、この2試合、それで結果が出ていますからね。私はちょっとひねくれているところがあって、なかなか人の言葉を受け入れられなかったけど、今回はすんなりできました」。この時は、表情を引き締め感謝の言葉を語っている。

 技術向上ばかりでは、2週連続優勝などできはしない。プロは感謝の気持ちがパワーを生みだし、笑顔こそ-最大の武器である。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ