ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.7.26

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

センチュリー21レディスゴルフトーナメント 石坂ゴルフ倶楽部(埼玉県)第1日

稲見 萌寧(2位タイ:-4)
「前週、最終日にパッティングが全く入らずに流れを悪くしたので、今週はパッティングの練習を多めにして、悪いイメージを残さないよう切り替えた。(暑さ対策)なるべく塩分をとるように、あとはサングラス、日傘を使ったり、氷のうで冷やしたりしています。上位を意識せずに、1打でも伸ばしたい」

小橋 絵利子(2位タイ:-4)
「(持ち球は)ドローなので、右からの風がちょっと苦手。風が強いと、どうしても身体が止まってしまう。止まると右からの風に流されてしまうので、しっかりと振り切れる番手で身体を回すことを心がけてプレーしました。第1日をこの位置で終えることができたので、自己ベストの5位タイをこえたいと思いますが、まずはあす精一杯やること」

青木 瀬令奈(4位タイ:-3)
「後半、やっと修正していることがうまくいって、バーディーが獲れました。コーチから、ボールの位置を左に置きすぎている、と言われました。ですから、ボール1個ぐらい右側に置くように意識しています。第1日はいいけど、第2日が冴えない。あしたも第1日だと思って、ラウンドしたい」

脇元 華(4位タイ:-3)
「ロングパットが入ったのが、いいスコアにつながりました。きのうの練習からパッティングがいい感じでした。(明日は)慌てずに、1ホール1ホール淡々と。ノーボギーで回りたい」

臼井 麗華(4位タイ:-3)
「最後のボギーは狙ったところに打ったのですが…。しょうがないですね。きょうはショットの距離感がバッチリ。イメージ通り打つことができました。あと2日間あるから、どうなるかわかりませんが、後悔しないプレーをしたい」

吉本 ここね(8位タイ:-2)
「ボギーが1つで良かった。ピンチもありましたが、パーセーブできたのが、大きかったです。アプローチとパッティングがかみ合いました。ショットもだんだん良くなってきています。この調子を維持していきたい。(明日は)アンダーで回りたい」

小祝 さくら(8位タイ:-2)
「後半から、いきなり風が強くなってグリーンも重くなりました。後半、バーディーがとれなかったので、その辺がまだまだな、と感じました。悔やむところが多いですが、もう終わってしまったので、気持ちを切り替えて、しっかり伸ばしたい」

勝 みなみ(20位タイ:-1)
「ドライバーショットが安定しませんでした。それだけが曲がってしまう。ヘッドか、シャフトをかえてみようかな。暑かったですが、後半から風が吹いてきたので、涼しかった」

アン シネ(55位タイ:+2)
「体調管理の難しい1日。前半から暑く、吐き気がして頭も痛かったが、後半には体調も回復した。ほとんどのピン位置が奥の方だったので、難しかった。あすはアンダーパーでプレーしたい。パッティングの練習をしてから、帰ります」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ