ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.28

1プレーの落とし穴 鈴木愛はイーブン発進

<Photo:Atsushi Tomura Chung Sung-Jun/Getty Images>

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 宮崎カントリークラブ(宮崎県)第1日

 ミステリーを読んでいるかのような落とし穴。鈴木愛がひとつのミスから、上がり4ホールで3ボギーを叩く。3アンダーでトップグループを形成したが、ホールアウトすると、イーブンパーだった。

 「15番で流れが変わった。第1打、風を読み違え、左の木にくっついて…。あのボギーからですよ。ちょっとだけ、ハラが立った」と、ため息が漏れる。何しろ、「優勝以外は狙っていない」と宣言したほどだ。裏を返せば、それほど手応えがあるということだ。

 さらに続ける。「風や雨。それほどコンディションが難しくても、3アンダーまで行くことができた。積み重ねてきたものが、わずか1打で変わってしまう。アンダーパーでプレーできなかったことが、私としては痛い1日。取り返さないといけない。残りの3日間、3アンダーずつはいるかなぁ」と話す。

 しかし、悔やんでばかりはいられない。自身へ言い聞かせるように、「ショット、パッティングなど、調子は悪くはありません。72ホールの戦いでは1日、悪い時があるものです。それがきょうと思えばいい。焦りはありませんよ。前週もこんな感じで優勝争いができたから。上を行く選手よりも、いいスコアを出せばいいだけです」。

 今季の集大成にどこまでも強気のスタイルを貫く。負けず嫌いでなければ、今日の地位を築くことはできなかっただろう。寒風がコースを吹き抜けていたにもかかわらず、腕まくりでプレーしたことが物語る。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter