ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.5.8

アニカ・ソレンスタム、日本で2週連続V-プレイバック 2001年

<Photo:Koichi Kamoshida/Getty Images>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は今年、創立53年目を迎えました。これまでの歴史の側面をご紹介します。今回は2000年から2009年までの10年間を振り返ります。

 9月11日に勃発したアメリカ同時多発テロの影響で、開催が危ぶまれた米ツアー公式戦・シスコワールドレディースマッチプレーチャンピオンシップミズノクラシック。米ツアー選手が来日し、無事に開催された。日本ツアーで初のマッチプレーとなったシスコワールドレディースマッチプレーチャンピオンシップでは、安全確保のため、手荷物検査も実施。決勝は、アニカ・ソレンスタムが、朴セリを下して優勝。続く、ミズノクラシックもウェイティングで参戦し、2週連続優勝を飾る。ソレンスタムは3年ぶり、4度目の米ツアー賞金女王を決めた。

 一方、JLPGAツアーでは、シーズン序盤、初優勝を果たした藤井かすみ天沼知恵子、前年賞金女王の不動裕理肥後かおりらが、交互にランキング首位に立ち、大混戦。しかし、中盤からは不動と天沼のマッチレースを展開する。しかし、安定感で上回った不動がタイトルを守った。

 史上初の1億円突破の前年には及ばなかったが、出場25試合中4勝を含むトップ10入りが18試合。数字以上の、圧倒的な存在感だった。

【賞金ランキング】
1位 不動 裕理  ¥89,248,793
2位 肥後 かおり ¥70,926,360
3位 天沼 知恵子 ¥69,867,902
4位 藤井 かすみ ¥58,661,626
5位 木村 敏美  ¥56,922,288

【社会のできごと】
3/16 米ツアーでアニカ・ソレンスタムが女子初の59をマーク
3/31 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)開園
9/4   東京ディズニーシー開園
9/11 アメリカで同時多発テロ発生


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter