ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.9.20

リハナ、ドラマチックなステップ初V POを制す

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2020-21シーズンJLPGAステップ・アップ・ツアー第2戦『ユピテル・静岡新聞SBSレディース』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会最終日が9月20日、静岡県御前崎市の静岡カントリー浜岡コース(6,311ヤード/パー72)で行われた。通算5アンダーで並んだ原江里菜、林菜乃子、リハナの3人によるプレーオフに突入。3ホール目でバーディーを奪ったリハナ が、ステップ・アップ・ツアー初優勝を飾った。
(天候:曇り時々雨 気温:23.3℃ 風速:北北西3.3m/s)

 リハナ、記念の来日初勝利は試練の連続。プレーオフ3ホール目で、3メートルのスライスラインを沈めると、大きなため息がもれる。

 既定の54ホール目、90センチのパッティングを決めれば優勝だった。15番から3連続バーディー奪取。通算6アンダーで単独首位に立つ。そして、迎えた18番でのことだ。「いつもなら、99パーセントは決まる短いパット。でも、グリーンサイドにカメラマンがたくさん…。こんなに注目されたことがない。初の経験だったし、皆さんが私に注目しているかと思ったら、すごいプレッシャーが襲ってきた」という。

 自身、わずか1パーセントの確率のボギー。一度は優勝が逃げていく。勝負は3人のプレーオフへ。

 「失敗は失敗。ゴルフは切り替えが大事なスポーツです。日頃から、気持ちを切り替え、前向きになるように努力している。18番、失敗してもまだ勝てるチャンスがある。プレーオフは、より集中力を高めることができた」と振り返る。PO2ホール目。第1打を左にミスする。第2打も、木が視界へ入りグリーンを狙うのが難しい。「ライも悪かった。でも、勇気をふりしぼり、5Iで低いフックボールで攻めた。迷いはなかったです」。絶体絶命のピンチもパーをセーブして乗り切った。

 一度は笑顔を見せたが移動中、とんでもないことに気がつく。「グリーン脇に、ウェッジ2本、パターカバーを忘れてしまった。パーをとることだけに必死。そんな私が何となく、おかしくなった。おかげでリラックスして、3ホール目に臨めたことも良かったと思います」と、舞台裏を苦笑しながら話している。

 10年前、父が来日。そんな縁があり昨年、日本でプロテスト受験を決意した。ただ、最終プロテストで、2打足らずに不合格。気分一新でQTファイナルステージへ臨み、今年からツアーに参戦中だ。

 JLPGAツアーへ3試合出場し、2試合で予選を通過した。「これからも日本で試合に出場したい。将来はシード選手に」と強く念じている。迷いはなし。ということで、日本語を猛特訓中だ。「新聞を読んでいる。テレビもみている。だけど、漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベッドなど、何種類もの文字を使う日本語は本当に難しい。毎日、頑張っています」とひたむきだ。

 ドラマチックだった初V。ハナとは韓国語でひとつの意味がある。まず、1勝。これからが勝負だ。

(ステップ・アップ・ツアー担当=新納 智明)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter