ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.10.3

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

日本女子オープンゴルフ選手権 ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県)第3日

小祝 さくら(2位:-8)
「(18番でバーディー)しっかり攻めた結果、バーディーを獲ることができてよかった。あすにつながると思いますが、最初で叩いてしまったので、大変な1日でした。(5番のダブルボギーが)大きかった。アイアンショットが良くなかったが、流れも良くなかったので、こういう時もあるかな。11番(バーディー)のセカンドショットは気持ちよく振り抜けた。あのようなショットは、それ以外のホールで打てなかった。4打差は、何が起こるか分からない。しっかりといいプレーをして、巻き返したい」

仲宗根 澄香(3位タイ:-5)※第3日ベストスコア65をマーク
「今週は全体的にいい感じですが、パッティングが入らなかったり、タッチが合わなかったりしていました。昨夜、色々と考えたときに、迷いすぎだなと思い、1 番最初に浮かんだイメージを信じて打とうというのを、きょうのテーマにしました。 2 サムだったので、リズムよくプレーできたのが、スコアにつながった。予選を通って、伸ばすだけだったので、どんどん攻めることが出来た。練習ラウンドをしている中で自分がどれくらいスコアを出せるのか、考えてプレーしようというのを取り組んでいます。きょうも伸ばしたい気持ちもあったけど、71 というのを頭に置きながらプレーしていました」

穴井 詩(3位タイ:-5)
「(ショットは)、最近の中では本当にいい。(今日のスコアは)上出来です。(ラインの読みは)特に、今日はマウンドの上にあったので、つける位置が本当に難しい。キャディさんと話し合って、できるだけ上りの切れないラインに-。(明日)うーん、これだけ差がついたら、頑張りますとしか言えないです」

酒井 美紀(3位タイ:-5)
「自分らしくないプレーでしたね。ボギーを叩いても、すぐにバーディーが獲れたので、良かった。(パッティングは)前半、あまり自分でしっくり来なかったので、後半は意識を変えたらしっくり来て、好調を維持できています。3 日間楽しくプレー出来ているので、最終日も楽しくアンダーパーでプレーできればいい。きょうはグリーンがすごく速かったなと思います。速い方がイメージ出しやすいので、やりやすかった」

上田 桃子(3位タイ:-5)
「前半、チャンスが少なくて、アプローチが寄せられないホールは、ボギーになってしまっていた。自分が満足できる調子ではないが、1ホール、1ホール集中しています。調子が良くなくてもキャディさんとうまくコミュニケーションをとりながら、スコアを出せている。あと1日しかないので、自分の持っている力すべてを出し切って、この大会を終えたい。これから少し練習できるので、少しでも何かきっかけを見つけて、気持ちよくゴルフができるようにしたい。最終日はしっかりスコアを作れるよう、気持ちで戦いたいです」

吉本 ここね(3位タイ:-5)
「リラックスしてラウンドできました。難しいホールもうまく切り抜けられた。後半、ボギーを叩いてしまいましたが、15番のラフからのセカンドショットがナイスキックしたので、良かったです。ショットが大きくぶれることなく、パーオン率が良かった。あすもしっかりとパーオンさせて、あまり考えすぎず自分のプレーができるように、アンダーパーを目指して頑張ります」

鈴木 愛(12位タイ:-2)
「パッティングが入らなかったし、話せるようなゴルフじゃないです。いいショットをしても、全部弱かった。そんな感じです」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter