ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.10.31

渋野日向子 『解けない。ダメですね』

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)第2日

 5度目のチャレンジも、呪縛は解けなかった。渋野日向子は2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの77と予想外の大叩き。ホールインワンを記録した試合は予選落ちする-というジンクス打破を狙ったが、願いは届かない。

 「解けない。ダメですね」と、心なく笑顔を浮かべたが、心中は穏やかなはずはない。「自分に期待していた。(結果を)受け止めたくはないけど、受け止めるしかない悔しい思いを何度経験したらいいのだろう。でも、これが実力。去年がうまくいきすぎた。比べたら前へ進めはしない。しかし、比べてしまう。情けない」と語っている。

 比較するのは、やはりパッティングだろう。昨シーズンの平均パット数は鈴木愛に続く、第2位。「数字が良かったパッティングだけに、足を引っ張っている。すごくつらい。元々、パッティングが好きだということはなかったけど、去年が良かった分、比べてしまうでしょう」といい、第2日同組でプレーした鈴木愛のパッティングをこう評している。

 「ラインの読みに対して、合うスピードです。愛さんのパッティングをみればわかる。読みに対するボールのスピードなど、コントロールが違いました。練習で解消するしか手はないでしょう」と冷静に分析。ホールアウト後は、練習場へ向かい、これからのために新たな一歩を刻む。

 この日はハロウィン。「ハッピーハロウィン? ハッピーではありませんよ」とジョークで切り返した。結果を真摯に受け止める一方で、おそらくグチをこぼしたくなるのをジッと我慢しながら、つとめて明るく報道陣のインタビューに対応。このあたりの精神力の強さは、並大抵ではない。それどころか、次週のTOTOジャパンクラシックは、予選落ちがないことを知り、「安心してホールインワンをしたい。第1日から攻めていく」とリベンジに燃える。

 まさに、今が生みの苦しみだ。試練を乗り越えればさらに強くなる。18番で披露した、見事な5メートルのバーディー奪取が、不振脱出の兆しかもしれない。

(メディア管理部・中山 亜子)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter