ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.11.26

原英莉花 2バウンドで鮮やかなイーグル奪取 

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 JLPGA公式競技『JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』(賞金総額1億2,000万円・優勝賞金3,000万円)が11月26日、宮崎県宮崎市・宮崎カントリークラブで開幕した。第1日、気合一閃。5アンダーで原英莉花が首位に立った。1打差の4アンダー、2位は渋野日向子。3アンダーの3位タイでディフェンディングチャンピオンのペソンウ、鈴木愛、上田桃子など7人がひしめく大混戦となった。3週連続優勝を目指す古江彩佳は1アンダー、15位タイにつけている。
(天候:晴れ 気温:19.6℃ 風速:北北西0.6m/s)

 精神の安定が、スコアに表れた。原英莉花が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67をマーク。5アンダーで首位スタートを決めた。この日のハイライトいえば、やはり2番の技あり、イーグル奪取だろう。

 残り110ヤードの第3打を2バウンドで鮮やかなシーン。「のぼりで、2バウンドしたかと思ったらボールが消えた。キャディーさんは、入ったといったけど、そんな手応えはない。グリーンの奥へボールが行ってしまったかもしれないから、喜ばないようにした」そうだ。しかし、心配は杞憂に変わる。カップインしたボールをしっかり確認してから、少しだけ喜んだ。

 この日のプレーを、「序盤でイーグルが決まり、流れはとても良かった。でも、パーオンできず、何とかパーでしのいだところも…。一喜一憂しないで、ホールアウトするまで集中力が途切れないようにした」という。開幕前から、訪れるであろう、ピンチのシーンを想定しながらしっかりと練習を重ねた。「練習ラウンドですごくいいイメージでした。20年の最終戦だし、気合が入っている。そのためには、楽しんでプレーしなければなりません。絶対に、イライラしない」と、固く誓って第1日を迎えている。

 もうひとつ、日本女子オープンゴルフ選手権を制し、公式競技の覇者という自信と責任がさらなる成長をうながした。難コースを攻略するためには、どうしたらよいか。それには、コースを好きになることが大切だということも。そして、「2サム。私は2人で戦うことが好きです。プレーに集中できるから。きょうも、(小祝)さくらさんのいいプレーを拝見しながら、うまく流れをつかめたと思います」と、感謝のメッセージを伝えた。

 第2日は、渋野日向子と同組でプレー。黄金世代の豪華ペアリングは、コロナ禍の日本中へ元気をお届けする絶好のメッセージとなるに違いない。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter