ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.11.27

明日へ-ひとこと 最新情報①

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 宮崎カントリークラブ(宮崎県)第2日

西村優菜(2位タイ:-7)
「ショットが完璧とはいえませんが、パッティングはすごく良いストロークができましたし、この第2日に6アンダーのビッグスコア出せたのは良かった。(2番バーディー)9番アイアンで得意の距離だったし、バーディーパットもストレートのライン。イージーなところに付けられて良いバーディーだった。全体を通して、切れるラインをしっかり読めていたし、タッチも合っていたので、パッティングは、ほぼ完璧でした。決勝ラウンドを良い位置で迎えられるのはうれしい。風も出て、グリーンも少し固くなると思うので、ボギーを打たないように、堅くマネジメントをしていきたい」

李知姫(5位タイ:-6)
「アイアンショットが上手くいかなかったが、パッティングに助けられた。長いパッティングが入ったので、流れが良かった。まだチャンスは十分にあると思います。あすが重要な1日になる。もっと攻撃的にプレーしたい。ティーショットには気をつけています。フェアウェイから打つのと、ラフから打つのとではその差がすごくある」

三ヶ島かな(5位タイ:-6)
「きのうと同じスコアですが、内容が全く違う。ゴルフって面白いですね。ドライバーが安定してきました。しっかり振りぬける。あすも淡々といきたい。その時にやらなければいけないことをやっていくだけです」

小祝さくら(8位タイ:-5)
「あしたもアンダーでラウンドできるようにがんばりたい。10番のティーショットが左の木の下へ。上にも木があり、下しかいけなくて、7番アイアンで低い球を打ちました。ちょうどバンカーとバンカーの間へいき、グリーンオン。バーディーがとれました。とてもうれしかったです」

全美貞(10位タイ:-4)
「最後はパッティングが入るかどうかが大事です。パッティングをしっかり練習して、あしたいいパッティングができるようにがんばりたい。(今日は)ショットがよくてバーディーチャンスがたくさんありました。でも、パッティングが…。グリーンが難しい。ミスパットをすると外れてしまう。もう少しうまく打たないとだめですね」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter