ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.3.5

首位浮上 森田遥、一変

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)第2日

 復活へ光明を見出した。森田遥が7バーディー、1ボギーで首位タイに浮上。もっか、賞金ランキング80位に低迷している。「ショットの調子は悪くない。きょうはピンポジションが左右に振られていたけど、攻める、守る-を慎重に見極めることができた」と表情が明るい。さらに、「私はギャラリーの皆さんに見られていることが、力に変わる。これからも有観客の試合が増えることを願っています」と訴えた。

 序盤から勢いが衰えることがない。確かに、攻守のバランスが素晴らしかった。この日の最難関の9番では、左横2メートルを沈め、2番目に難度が高い、終盤の16番パー3では、5UTでピン左5メートルにつけて、ともにバーディーを奪う。そして、続く17番でも45ヤードの第2打を57度でピン左1メートルから、楽々とカップイン。66をマークし、首位に並んだ。

 「去年まで成績が伴わないことが多かった。メンタルが厳しい。たとえば、予選を通らなかったら…。そんなことが先に脳裏へ浮かび、ホテルの予約や移動のチケットなどの予約をどうしようと、考えてしまう。とにかく自信がない。つまらないことばかりに配慮してきた」と、大きくタメ息をつく。それだけに今オフは、「アライメントの大切さを認識して、基礎練習に取り組んだ。不安が多かったけど、この2日間のプレーで自信を取り戻すことができた」と宣言した。

 一方で、コロナ禍のオフに、「家でゆっくりできたことが良かったかもしれない。ゴルフを忘れて昔やっていたダンスをしました。また、シェパードを飼っています。犬と一緒に走ったことも気持ちがいい。人生は楽しく、です。スランプだったから、心がキャリーオーバーでした」と加えている。プロゴルファーの特効薬は、バーディー量産だろう。清々しい笑顔をあすも、またー。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter