ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2007.5.31

セオリー|フルキャスト|GMOインターネットカップ 第1日目

2007年度LPGAステップ・アップ・ツアー第4戦『セオリー|フルキャスト|GMOインターネットカップ』第1日目が茨城県稲敷郡のイーグルポイントゴルフクラブにて開催された。気温は20.6℃、時折雨が降るあいにくの天候となった。そんな中、プロ7年目の小野雅子が6アンダーで回り首位に立った。首位と3打差2位タイに岡田伊津美、チュティチャイ・ポラニー(タイ)、廣瀬友美の3人が続く。

 首位の小野はボギーなしの6バーディー66で回り2位に3打差をつけての好スタートとなった。「今日は全てフェアウェイを外さずに打てたのが良かったです。今シーズン初の試合なのでオフにやってきた事を出せるよう一打一打集中することを心がけ、コースマネジメントをしました。グリーンのアンジュレーションが比較的少なく、好きなグリーンでした」と完璧な今日のプレーを振り返った。「勝ちを意識するなといっても無理だと思うので、結果を気にせずプレーしたいです」と控えめながらも初勝利をかけ意欲を燃やす。

 2位タイ 岡田伊津美
「パターが良かったです。最近ラインを出せるようになって、パターに自信を持てるようになりました。後半、ボードでいい位置にいたので16番は攻めてバーディーをとりました。昨年のツアーでは初日上位で意識しすぎてスコアを崩したので、明日はスコアを気にせず集中したいです。頑張ります」。

 2位タイ チュティチャイ・ポラニー
「アイアンが良かったです。グリーンの速さが私にあっており、アンジュレーションも少なく好きなコースです。昨日は夕食の焼肉後、大好物のドーナツをデザートに4個食べました(笑)。(明日は)ウッドが良ければ3アンダー以上は出せる自信があるので、今日と同じ気持でプレーしたいです」。

 2位タイ 廣瀬友美
「ショットが良かったです。特に2ndの距離感が合っていました。ドライバーはフェアウェイをキープできました。先週まではスコアばかりを意識していたので『結果を気にせずプレーしたら?』との先生のアドバイスを受け気持が楽になり好スコアに繋がったと思います。(明日も)結果を考えず、ゴルフを楽しみたい。そうすれば結果はついてくると思うので・・・」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ