ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.10.17

山本景子ステップ初V 『もう迷わない』

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2020-21シーズンJLPGAステップ・アップ・ツアー第21戦『日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会最終日が10月17日、香川県仲多度郡まんのう町・満濃ヒルズカントリークラブ(6,436ヤード/パー72)で行われ、山本景子が逆転V。通算8アンダーで、ステップ・アップ・ツアー初優勝を飾った。1打差の通算7アンダー、2位は上野菜々子。
(天候:曇り時々雨 気温:17.7℃ 風速:3.1m/s)

 大接戦。勝負は、通算7アンダーで山本景子と上野菜々子が並び、最終18番までもつれ込んだ。山本が終始、アドバンテージを握る。フェアウエイからの第2打は、ピンまで残り174ヤード。5Iでピン横1.5メートルにつけるナイスショットだった。「上野さんも、バーディーをとってくると思った。イーグルを狙ったけど、強い気持ちがボールへ乗り移った」という。

 残念なことにイーグルパットは決まらなかったものの、タップインバーディー。一方の上野はパーだった。プロ入り6年目で待望の初勝利をもぎとる。本当に長かったことだろう。これまで、何度も優勝争いへ加わった。しかし、あとひと押しが足りない。今シーズンも最終日、最終組が2回-。

 「やっとです、本当に。何度、残念インタビューを繰り返したでしょう」といい、「うれしいとしかいいようがありません。川満さん、種子田さん、小貫さんがおめでとう、と迎えてくださった。いつもおめでとう-の側でしたから、これで勝ったと実感。すごくうれしかったです」と、涙を浮かべながら話した。

 では、従来とどこが違ったのか。「ちょっと神経質になりすぎていたと思った。それだけに、今回は決めたら、迷わないことを徹底。ミスがあっても、気持ちの切り替えがサッとできた」と内面の充実を説明する。

 今回の優勝で、ファイナルQTの出場権を獲得。「来年はJLPGAツアーでプレーをしたい。今回の優勝で自信もついた。シーズン最後の京都レディースが大事です」と次を強調する。まさに総決算-期待がふくらむ。

(ステップ・アップ・ツアー担当=新納 智明)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter