ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2009.6.11

デオデオカップ 第1日目

 2009年度LPGAステップ・アップ・ツアー第3戦『デオデオカップ』の第1日目が、広島県安芸高田市のリージャスクレストゴルフクラブロイヤルコースにて開催された。今大会は本社を広島にもつ大手家電量販チェーン、株式会社デオデオを共催に迎え、今年で2回目の開催となる。

 天候:晴れ、気温:22.4℃、風速:6m。穏やかな梅雨の晴れ間に強い風が吹く、やや肌寒い気候のなか行なわれた1日目は、プロ16年目の浅野彰子と昨年プロテスト合格の増島忍が3アンダーでトップに並んだ。1打差の3位には小澤瑞穂、成田いづみ、前田陽子の3名がつけている。

1位タイ 浅野彰子
「(コースの印象は?)難しいですね。グリーンの状態が良くて止まるし、スピード感もありましたね。今日はいやらしいパットが上手く入ってくれたり、ラッキーもありました。腰の状態が良くなかったので、欲張らず、ペース良くラウンドできるように心がけたのがよかったのかも。(明日は?)無事に生還したいですね(笑)。優勝はあまり意識してないです」。

1位タイ 増島忍
「このところずっと調子が悪かったので、今日は特に意識したことが2つあって、狙ったところに打つという意識づけと、リズムを大事にすることを心がけました。(14番のチップインイーグル)同伴競技者は『入ったよ!』と言ってたんですけど、信じられなかったですね。自分でも驚きました。明日は勝利を意識しすぎずに頑張ります。いい位置にいるので、このチャンスを掴みたいです」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter