ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2013.5.17

エディオンレディースカップ 最終日

大和笑莉奈が念願のプロ初優勝!

 2013年度LPGAステップ・アップ・ツアー第2戦『エディオンレディースカップ』(賞金総額1,500万円/優勝賞金270万円)の最終日が、広島県安芸高田市のリージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルコース(6,321Yards/Par72)で開催された。

 天候:晴れ、気温:22.8℃、風速:2.8m。風薫る、快晴の最終日。難コースのため、天候のように気持ち良くスコアを伸ばす選手はわずかで、優勝争いも混沌とした状態に。最終組がハーフを終了した時点で、通算3アンダーに初日首位タイの大和笑莉奈、2アンダーに横峯瑠依と高林由美、1アンダーに槇谷香が続く状況。12番ホールでセカンドショットを直接入れてイーグルを奪った大和が一時4アンダーで抜け出したが、13番でボギーを打ち3アンダーに後退。優勝争いは大和と10番、12番でバーディーを奪い2アンダーとした槇谷の2人に絞られた。槇谷が最終ホールで4打目のバンカーショットを池に入れ、ダブルボギー。大和は最終ホールをバーディーで締め、通算4アンダーでステップ・アップ・ツアー初優勝を飾った。

 首位タイでスタートした大和笑莉奈は、1番で約2メートルのパットを沈めバーディー発進。「気持ち良くスタート出来たけど、このコースはどこも難しいので、ずっと緊張していました。優勝は大会が始まる前から意識していたので、今日も朝から14番ぐらいまでずっとプレッシャーを感じながらプレーしていました。でも15番ぐらいから、いいプレーして優勝できなかったらもういいや、って緊張が通り越しちゃいました(笑)」と開き直りの境地で終盤を向かえた。「今日はショットがメチャクチャ良かった。パットが入るか入んないかって感じで、パッティングには苦しみました。12番はピンが左奥で難しいところだったけど、狙い通り右手前の傾斜のところに落とせました。でも見えなかったので、入るとは思わなかったです。ギャラリーがいっぱいいたんで、歓声で入ったのかなと思いました」と好調なショットで試合では初めてとなるパー4でのイーグルを奪った。

 今年のヨコハマタイヤPRGRレディスで左の肋骨を痛め、試合から約1カ月離脱。「ゴルフから離れ、自分を見つめ直すことができた。ステップ初戦の時はまだ痛かったけど、フジサンケイのマンデーに通って本戦も11位タイで終わったときは痛くなくてもう治ってました。以前は焦ったりしていたけど、焦らなくなったし、必死にゴルフをしてたのが、自分を客観的に見られるようになった。気持ちの面も大きいし、スイングも自分のものになりつつある。もちろんレギュラーでの11位タイは自信になりました」とメンタル面の成長とともに復帰してきた。

 昨シーズン、東北高校時代の同級生である木戸愛がレギュラーツアーで優勝。「かなり刺激になったけど、やっぱり悔しかった。私もこの優勝で満足せず、通過点としてレギュラーツアーにつなげていきたいです」。好調なショットを武器に、『リゾートトラストレディス』からのレギュラーツアー4試合に持てる力のすべてをぶつける。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter