ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.7.6

西郷真央 さらなる飛躍へ-再スタート

 JLPGAツアー2022シーズン第19戦『ニッポンハムレディスクラシック』(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)が7月7日、北海道苫小牧市・桂ゴルフ倶楽部(6763ヤード/パー72)で開幕する。6日はプロアマトーナメント、公式会見が行われた。

 約1カ月の米国遠征を経て、JLPGAツアーへ復帰する。西郷真央は、逸る気持ちを抑えるように、「力が入るところもあるかもしれない。落ち着いてプレーします」と話した。

 もっか10戦5勝でメルセデスランキング首位。あくまで今大会の成績しだいだが、64万円を稼げば、今季の賞金獲得は1億円へ達する。「試合の賞金があがっているからでしょう。本当にありがたいことです」といい、「初優勝まで、たくさんの経験を積んで得たものです」と語っている。

 続いて、米国での経験へ話題が移った。「特に全米女子オープンでは、いいショットをしても、グリーンからこぼれると30ヤード以上のアプローチが残ってボギー、ダブルボギーへつながります。今まで経験しなかったセッティングでした」。最も印象に残った事柄だ。

 さらに、「すぐに変われるわけではありません。急ぐことより、もっとしっかり準備が必要です。特に、アプローチとパッティングはレベルがまだまだ。もっともっと、バリエーションを増やす必要がある」と肝に銘じた。米滞在中は試合以外でも連日、さまざまなコースで練習を重ねている。

 「自分の力でスイングの狂いを調整する」と誓い、「日が長い。気がつけば夜7時、8時になっていた」。うふふと笑った。そして、「アメリカでそれなりに戦えれば、という気持ちでは…。もっともっとレベルを上げて、上位で戦えるようになりたい」。初の海外遠征は、大いなる収穫と志をさらに高く-という原動力になっている。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter