ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.6.3

条件は揃った 森田理香子、復活へ燃える

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

ヨネックスレディスゴルフトーナメント ヨネックスカントリークラブ(新潟県)2日目

 復活の足音が聞こえてきた。現地ウェイティングで出場した2013年の賞金女王、森田理香子が久々に手応えを語った。「私のツアー初優勝は、2日間競技で、しかも3打差の逆転。また、振りだしに戻った。そう簡単にはいかないでしょうけど…」。10年の樋口久子IDC大塚家具レディスは、確かに今回と同じ条件だ。偶然とはいうものの、あらゆるファクターを、プラスにとらえることができることは、何物にもかえ難い。これまでにない、そうした能力を発揮したのは、やはり昨年のスランプを体験したからだろう。

 「試合に出場できる幸せを今、感じている。口ではいっても、そういう状況になってみないと、わからないものです。きょうのような、寒さと強風のコンディションだったら、昔の自分だったらどうだったでしょう。きっと、ブーたれていたかもしれない。まだまだ、甘いところはあるけど、これまでのいろいろな経験を生かせたらいいと感じます」。心のこもった素晴らしいコメントだ。

 同時に、闘争心もよみがえってきた。「あしたは、きょうよりもそよ風でしょう。きっとスコアの伸ばし合いになる。飛距離が私のアドバンテージになりそうだし、ということは、誰よりもチャンスをつくれると思う。だから、パッティングが、カギです。このコースは、勝ったことはありません。でも、最終日にスコアが伸ばせるイメージがある」と話した。苦悩は気づきのサイン。長い人生にむだはない。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter