ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.7.22

2nd day プラスワン~下川 めぐみ~

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

センチュリー21レディスゴルフトーナメント 瀬田ゴルフコース 西コース(滋賀県)2日目

 異変が発生したのは、後半戦に入ってからだ。「ひじから手にかけて全く、汗をかかなかった。それが、オープンウイークの後から汗が滴ってくる。きょうは、大変…」。突然、体質が変わったのだろうか。落語家など、着物を着る職業。顔に汗が光ると、美しくはない。名人は汗をかかない-が共通点だ。ところで、下川 めぐみに何が起こったかといえば、「オープンウィークは、沖縄でトレーニングをした」という。

 朝は砂浜を走り、昼がウエートトレと、ゴルフ。そして、夜は体幹トレーニングを3泊4日のスケジュールだった。「すごくきつい。暑いときに暑いところで、苦しいことを朝から晩までするわけですからね。でも、後半戦へ向けてこれはどうしても必要だと思った。沖縄から帰ってきたら、すごく代謝が良くなり、かなり効いたと実感している。でも、女子としてはどうでしょうか」と苦笑した。

 翌週、ニッポンハムレディスクラシックでは、5位タイと今季のベストフィニッシュ。その効果は絶大だ。「苦悩の人生です。前半戦で賞金シードを決めて、少しだけ肩の荷を下ろして後半へ臨みたい。そう思っているけど、なかなかうまくはいかない。腹はくくっている。シードがダメでも、QTがある。もし、QTがダメでも、ステップ・アップ・ツアーで頑張る。そして、それがダメだったら1年間、トレーニングを一生懸命に行い、2年後の未来にかけます。もし、試合へ出られない状況でも、ネガティブになるか、ポジティブでいられるか。気持ちの持ち方で違うでしょう」と語った。

 そうはいっても、筋肉がついた体形をみれば、意気込みが伝わってくる。強い体は好成績を運んで来るという信念が。「練習をするのが、大好き。だけど、ダメだなぁ。スランプが…。そう感じたら、よく寝ることだけに集中します。体が疲れているから、バランスが崩れるわけで、そんな状態で無理に練習をすれば、それこそ負のスパイラルでしょう。まず、体を復活させて、それから猛練習。これがいいと思う」と持論を公開した。

 今季の目標は「優勝とTHE QUEENSに出場すること。去年、出場した時、(前週、優勝の)キムヘリム選手と対戦した。あのスリルをもう一度、味わいたい」。さて、下川といえば、脳裏に浮かぶのはホールインワンだろう。女性の願いをひとつ叶える、という三重県鳥羽市の新明神社の参道にある、石神さんのお守りを知人からプレゼントされ、その週に賞金800万円をゲットするなど、神ってる伝説が数多い。今年も、中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの後、石神さんを参拝。

 こんな後日談があった。「実は、8回目のホールインワンを達成しました。でも、ニチレイレディスの練習ラウンド。この試合の帰り、もう1回、行かないとダメかなぁ」。ポツリと漏らした。猛暑の到来は、いよいよエンジン全開のサインである。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ