ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.8.25

ステップアップツアー節目の200試合目で勝みなみが逆転優勝!

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第15戦『山陰合同銀行 Duoカードレディース』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)の最終日が、鳥取県西伯郡の大山平原ゴルフクラブ(6,461ヤード/パー72)で行われた。5位タイからスタートした勝みなみが、この日67をマークし、通算8アンダーでステップアップツアー初優勝を飾った。2日目まで単独首位をキープしていた西畑萌香は、通算7アンダーで2位。通算3アンダーの3位タイに新田彩乃、土肥功留美が入った。(天候:曇り時々雨 気温:28.7℃ 風速:2.9m/s)

 「うれしいです!それしかない!」と満面の笑みで優勝インタビューに答え始めた勝みなみ。「2オンに成功したんで、2パットのバーディーでいいかなって思ったら入ってくれたんですよ」と1番で5mを沈め、いきなりイーグル発進。7番パー3では、ティーショットでグリーンを外すも、チップインバーディーを奪った。「今日はイーグルもチップインもあるし、いけるかなと思ったら次のホールでボギーを叩いたんで、冷静に自分のゴルフを楽しむだけって切り替えました」。前半を34で折り返すと、10番、11番と連続バーディー奪取。13番も5mのバーディーパットを沈め、通算8アンダーまでスコアを伸ばした。

 16番で速報ボードを確認し、優勝を意識し始めたという。「2打差なんだ。私の方が上なんだって思いました。そこからやる気も出て、ショットも安定し始めました。やっぱり、気持ちが一番大事なんだって思いましたね。気持ちの変化でこんなにプレースタイルって変わるんだなって、今回初めて気付きました。今までだったら、優勝を意識し始めるとガタガタとスコアを落としていたけど、今日はパーで収められた。最後まで自分をみつめてプレーすることが出来た」。最終ホールもパーでまとめ、プロ入り後、初となる優勝を決めた。

 スコアカード提出後、同期の淺井咲希と抱き合い、涙も見せた勝。「去年、一昨年とずっと苦しかった。自分の思ったプレーが出来ず、優勝出来るようなショットでもないし、身体作りも出来ていないのに、結果だけを求めて自分にプレッシャーをかけて…。優勝出来ない自分に腹が立ったし、情けないとも思った。そういうのを思い出すと、ジワジワきましたね」。

 1991年から、レギュラーツアーに出場資格を持たない選手および新人を対象に、試合経験を積ませることによる育成・レベルアップを目的として始まったステップアップツアーも、今大会で200試合目。その節目の試合で優勝を飾った勝。「すごい!すごい!すごい!LPGA創立50周年の年にプロテストに合格して、ステップアップツアー200勝目って(笑)。すごいうれしいです!」。横峯さくらや大山志保もステップアップツアーでの優勝を経て、後の賞金女王に輝いている。節目となる今大会を制した勝の未来への扉が開かれた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ