ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.10.5

「明日は明日の風が吹く」勝みなみが首位タイ発進!

 2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第19戦『かねひで美やらびオープン』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)が、沖縄県名護市のかねひで喜瀬カントリークラブ(6,581ヤード/パー72)で開幕した。朝から強風が吹き荒れた大会1日目。8月に開催された山陰合同銀行カードDuoレディースで、プロ入り後初優勝を飾った勝みなみと、ステップアップツアーの年間獲得賞金ランキングで2位につける谷河枝里子が、1アンダーで首位に立った。1打差の3位タイに、小林由枝、槇谷香、ルーキーの田村亜矢、地元沖縄県出身の新垣比菜が続いている。(天候:曇り時々晴れ 気温:29.7℃ 風速:4.6m/s)

 「久し振りのチップインバーディーでした」と1番で10ヤードを決めて波に乗った勝みなみ。「風は気になりましたけど、イギリスでもっと強い風も経験しているし、鹿児島でもこういう風のときもある。風を読むのは難しかったけど、気にせずに回れました。後半、ショットが乱れたけど、しっかりラウンド出来た。アンダーは超うれしいです(笑)」と4バーディー、3ボギーの71でフィニッシュした。

 1991年から始まったステップアップツアーも今年で27年目を迎えたが、沖縄県での開催は、このかねひで美やらびオープンが初となる。「私も沖縄県での試合は初めてなんです。来るのも2回目なんですけど、初めて来たのは2歳ぐらいのときなので、初めて来た感じですね(笑)。10月なのに暑いですけど、海はやっぱりキレイですね。時間がゆっくり流れる感じもいいですね」と沖縄を満喫しながらも、人生初の沖縄県のコースをしっかりと攻略してみせた。

 「今回は父も応援に来てくれているんです。Tポイントレディス以来ですかね。与論島にいるので、沖縄県も近いですしね。明日もアンダーを狙って、状況を楽しみながら回りたい。今日は合格点でしたけど、明日は明日の風が吹くでしょう」。ちなみに大会名称にもなっている“美やらび”とは、沖縄県の方言で“若い女性”を意味している。まだ19歳で89期生を引っ張る存在の勝が、ステップアップツアー2勝目に向け、好スタートを切った。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter