ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.10.6

体力勝負に自信あり! 勝みなみが初代女王に王手

 2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第19戦『かねひで美やらびオープン』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)の大会2日目が、沖縄県名護市のかねひで喜瀬カントリークラブ(6,581ヤード/パー72)で行われた。首位からスタートした勝みなみが、この日もスコアを2つ伸ばし、通算3アンダーでその座をキープした。1打差の2位に谷河枝里子、さらに1打差の3位グループには、小林由枝、ルーキーの立浦葉由乃、地元沖縄県出身の与那覇未来が続いている。(天候:曇り時々晴れ 気温:30.2℃ 風速:4.1m/s)

 「出だしが大事だから、今日もバーディーが獲れて良かった」と1番で3mのバーディーパットを決め、幸先の良いスタートを切った勝みなみ。続く2番では、3パットでボギーを叩いたが、「気持ちを切らさずに回れたのは、成長した部分だと思う」と切り替えてからはパーを重ね、7番でカラーから5m、9番では6mのバーディーパットを沈め、前半を34で折り返した。

 10番は「番手がうまく決まらなくて不安な気持ちのまま打ってしまった」とセカンドショットをショートし、後半はボギースタートとなったが、11番、12番で連続バーディーを奪い、一時は通算4アンダーまでスコアを伸ばした。13番でスコアを1つ落としたものの、その後はパーでまとめ、通算3アンダーでフィニッシュ。2位に1打差を付け、単独首位で2日目を終えた。

 10月に入ったのに、開催地の名護市は連日の30度超えと、選手の体力を奪う暑さが続いている。「昨日より風がなかったから暑かったけど、鹿児島に戻ったらこんな感じの日もあるし、夏はもっと暑いから大丈夫です」と暑さにも負けず、勝は元気いっぱい。先月のルーキーキャンプの前日には、「(小倉)ひまわりと(小祝)さくらの3人で、18時半から夜遅くまでディズニーランドに行ったんですけど、乗り物の空いてる時間を調べて走り回って、ハニーハントやスプラッシュマウンテンとか、全部で7個も乗れたんですよ。18時半からですよ。凄くないですか(笑)。その後も夜中の2時までもんじゃ焼きパーティーをして、その日は寝なかったですね。濃い1日でした(笑)」と、若さあふれる体力自慢の話を披露してくれた。

 8月の山陰合同銀行Duoカードレディースでプロ初優勝。明日は2勝目を狙うが、優勝の意識はまったくない。「2日連続でアンダーパーだったので、明日もアンダーを出したいけど、優勝は意識せずに、集中して1打1打プレーしたい。その1打が大事ですからね。いつも通り楽しく回りたい」。沖縄の暑さにも負けず、体力に自信のある勝が、かねひで美やらびオープンの初代女王の栄冠を狙う。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter