ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.5.6

今シーズン、ステップ関東初開催 今週も茨城が熱い

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2018年LPGAステップ・アップ・ツアー第5戦『静ヒルズレディース 森ビルカップ』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)が5月9-11日の3日間、茨城県常陸大宮市・静ヒルズカントリークラブ(6,442ヤード・パー72)で開催される。
 株式会社宍戸国際ゴルフ倶楽部と共催し、特別協賛に森ビル株式会社を迎え今年、2回目を迎える。九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメントで、プロ初優勝を飾った蛭田みな美をはじめ、優勝争いを演じた笹原優美も参戦。ディフェンディングチャンピオンのアマチュア・平塚新夢や、姉妹コース・宍戸ヒルズカントリークラブ所属の荒井舞、今年のステップ・アップ・ツアーで優勝している高木萌衣上原美希ら108人が出場する。
 静ヒルズカントリークラブは、「すべてのホールにドラマがある」をコンセプトに中嶋常幸が設計、監修した林間コース。フラットなフェアウェイは、プレーヤー自身がコースの難度を決められるような造りとなっており、要所に池が絡み、戦略性が高い。

《ステップ・アップ・ツアー》
 昨シーズン、ロレックス・ランキングのポイント加算対象ツアー(※3日間大会・54ホールに限る)へスケールアップした。レギュラーツアーの出場資格を持たない選手、新人選手が対象で、18年も21試合を行う。賞金ランキング1位には、19年の第1回リランキングまでのレギュラーツアーへの出場資格。2-5位にはファイナルQT出場資格、6-10位の選手と優勝者には、サードQT出場資格が与えられる。

《アラカルト》
 今大会は、「人を育む」と理念を基に創設された。選手を育成することはもちろんだが、ゴルフを通じ、「心を学ぶ」試みも行われている。地元の小学生、約270人を招待し、情操教育を実施。「あいさつ、思いやりなどを、自然に身につけてほしい」が目的だ。コースには、ミニコースが併設されている。スナッグゴルフ体験なども、貴重な体験となるだろう。
 さらに、地元ともに、を目指す。地元の新聞社、放送局をメディアパートナーに迎えた。「たくさんのギャラリーにお越しいただき、選手へたくさんの声援をお願いしたい」。なるほど、選手を育てる源は、ギャラリーの視線だ。今年、バカラ製の優勝トロフィーを手にするのは、誰-。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ