ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.9.14

佐藤絵美、圧巻 ステップレコードをW更新

 2018年LPGAステップ・アップ・ツアー第16戦『山陽新聞レディースカップ』(賞金総額2,500万円、優勝賞金450万円)が14日、岡山県玉野市の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,380ヤード/パー72)で開幕。大会第1日、プロ入り5年目の佐藤絵美が、9アンダーで単独首位に立った。3打差の2位タイは林菜乃子、河本結、淺井咲希。また、ルーキーの吉本ここねが3番ホールで、ホールインワンを達成した。(天候:曇り時々雨 気温:24.0℃ 風速:3.0m/s)

 プロ入り後、初めての首位発進。今シーズン、60台のスコアをマークすることのなかった佐藤絵美が、ステップ・アップ・ツアーの18ホール最少ストローク記録を更新した。63は衝撃的だ。「記録に名前が残るのは、本当にうれしいです」と笑顔が弾ける。「記録のことは全然知らない。ベストをつくす。その気持ちだけで必死。ショットが安定していたし、チャンスはほとんどモノにした。すべてがかみ合ったと思います」と、少しだけ興奮気味に話した。

 前半を30で折り返す。「イメージ通り、体の動きもできていたし、セカンドショットの距離感も合っていた。今日はスコアを伸ばせる日」と冷静沈着。後半もバーディースタートを切ったが、11番は、「ティーショットが右のラフに行き、精一杯クラブを振ったけど、予想以上にラフがきつかった」とパーオンは果たせず、唯一のボギーを叩いた。しかし、15番でバーディーの後、「課題の上がり3ホールで、バーディーを」へ挑む。17、18番と連続バーディーフィニッシュ。10バーディーは、ステップ・アップ・ツアーの1ラウンド最多バーディー数記録も更新するダブルレコードだ。

 2014年、今大会優勝の山里愛は、同い年の大親友。「愛ちゃんが勝っている試合で、優勝したい。前回の山陰合同銀行Duoカードレディースでも、愛ちゃんの優勝争いをみて、とてもいい刺激をもらえたから。絵はそんなにうまい方じゃないけど、優勝のイメージはしっかりと描きたい、かな…」と自身の名前、絵美をさりげなくアピールする。12日は27歳の誕生日だった。バースデーウィークでプロ初Vとなれば、飛躍の1年が待っている。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ