ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.4

挑戦者は100人

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2019 年度 LPGA 最終プロテストが11月5-8日、岡山県笠岡市・JFE 瀬戸内海ゴルフ倶楽部(6,398ヤード/パー72)で開催される。

 昨年は、4日間通算8アンダーまでの、21人がハイレベルの戦いを勝ち抜き、見事合格を果たした。そのうち大里桃子は3週後に行われたCAT LadiesでLPGAツアー初優勝。また、河本結、原英莉花、渋野日向子、稲見萌寧の4人は、19年に初優勝を遂げている。

 なかでも特筆すべきは、渋野の活躍だろう。5月に開催されたワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップで優勝すると勢いを加速。7月の資生堂 アネッサ レディスオープンで2勝目を挙げた。その後、8月のAIG全英女子オープンでメジャー初制覇。日本人として42年振り2人目の快挙を達成し、プロテスト合格から約1年で一気に日本を代表する選手に駆け上がった。帰国後は、第50回デサントレディース東海クラシックで最終日に8打差20位タイから逆転優勝。現在、賞金ランキング2位で1位の申ジエと賞金女王争いのデッドヒートを繰り広げている。

 主な受験者は、TP単年登録者では、ステップアップツアーで4勝、同ツアー賞金ランキング1位のヌック・スカパンをはじめ、LPGAツアーでも活躍する山路晶、イソルラ、田中瑞希、丹萌乃、小貫麗、三浦桃香。また、アマチュアでは、19年アジアパシフィック女子アマチュア選手権優勝・安田祐香、19年日本女子アマチュアゴルフ選手権競技優勝・西郷真央、18年日本女子アマチュアゴルフ選手権競技優勝・吉田優利などのタイトルホルダーが、20位タイの狭き門に挑戦する。

※最終プロテストは観戦することができません。各日の成績は、LPGAオフィシャルサイトでご確認ください。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー