ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.6

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

2019年度LPGA最終プロテスト 第2日 JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)

幡野 夏生(3位タイ:-5)
「今回でプロテスト受験4回目。もうプロテストのベテランです。もう勘弁してくださいっていう感じで、あと2日頑張ります。落ちても合格しても楽しい人生だと思って、ハッピーな感じで、トップ合格を目指します。8アンダーが目標ですが、もうちょっと出したいです。きょうは出だしから、約14mのバーディーパットを決められて、ついてると思いました。プロテストだと思わず、普通のラウンドだと思って、楽しもうと心掛けたことがよかった」

安田 祐香(3位タイ:-5)
「半分が終わりましたが、まだ不安が残ります。気が抜けなく、とても難しいコースです。しかし、明日以降天気が良く、全体のスコアが伸びそうですが、自分も伸ばしていきたい。マネージメントをしっかりして、簡単なところに打っていきたい。きょうはノーボギーで久々の60台。耐えてボギーをたたかずにできたので、良いプレーをしていたと思います」

澁澤 莉絵留(6位タイ:-4)
「この2日間、自分の中では割と落ち着いていて、焦りもありません。この調子で、爆発的なスコアを望まずに、きのう、きょうのようなプレーに徹したい。9番でティーショットを池に入れてしまって、ダブルボギーにしてしまいました。でも全体的にはショットも、パッティングも悪くない。2日で4アンダー。思い通りのゴルフができています」

西村 優菜(11位タイ:-2)
「今日のゴルフができれば大崩れすることはないと思うので、あと2日、やるだけのことをやるだけです。きのうより良くなってきました。8番で短いパーパットを外してしまった以外はよかったです。16-18番で、4m弱くらいのパッティングを外してしまって。思うように打てていたのですが、ラインの読み違いでした。その3打が悔しいです」

吉田 優利(11位タイ:-2)
「ショットが安定しているので、マネージメントしやすいですし、このまま4日間プレー出来ればいいなと思います。毎日赤字(アンダーパー)であがれるよう、意識して頑張ります。きょうはもうちょっと3-5mくらいのパッティングを決められたら、というのはありますね。ミドルパットが課題です」






記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ