ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.7

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

2019年度LPGA最終プロテスト 第3日 JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)

安田 祐香(4位:-6)
「自信を持って振れてないホールが、前半にあった。出だしから3パットしてしまって、結果アンダーで回れたので、そこは良かった。ショットが良かっただけに、残念。あと1日なので、まずはきょうの、ミスをしないことを目標にして、最低限20位以内に入れるようにプレーしたい」

澁澤 莉絵留(5位タイ:-5)
「最近、安定したゴルフができていますし、最終日も自信を持って自分らしいプレーをしたいです。きょうは耐えるゴルフでした。2番のティーショットで、何年振りかのダフリをしてしまって、そこから焦ってしまった。ドライバーに不安を感じながらのプレーでした。でも気持ちを切り替えて、きょうは耐えるゴルフと決めてプレーできました」

山下 美夢有(12位タイ:-2)
「後半、風が強くなってきたので、気になってしまった。12番でダブルボギーをたたいてしまいましたが、そのあとよく耐えました。パー5のホールでしっかりバーディーが獲れたことが良かった。あすは、しっかり一打一打集中して、スコアを気にせず、自分のゴルフがしたい」

山路 晶(12位タイ:-2)
「このコースはOBがないので、自分に向いている。パー5のホールで、2オン狙えるところもあるので、狙っていきたい。緊張は全くありません。きょうは、3パットも2回あったり、バーディーチャンスも外したりして、もっと伸ばしたかったですが、この3日日間の中では1番よかった」

河野 杏奈(12位タイ:-2)
「きょうが20歳の誕生日だったので、良いスコアであがりたいと思っていました。いつもより緊張していました。あすは、2メートル以内のパッティングを決められれば、スコアがまとまる。昨年のプロテストは2次予選で落ちてしまった。今年こそは・・・」

西村 優菜(10位タイ:-3)
「もう少し伸ばしたかったですが、71にまとめられてよかった。パッティングが決められず、フラストレーションのたまるゴルフでした。あすはパッティングに自信をもって打てるかが課題です。風が強くなりそうなので、しっかりパーで回ることが大事」

吉田 優利(12位タイ:-2)
「後半、風が強くなって、72のパープレー。目標だった毎日赤字(アンダーパー)を達成できなくて、心残りです。混戦になると思いますが、きょうの分をあす伸ばしたいです」

アン シネ(17位タイ:-1)
「最終ホールで、バンカーに入れてしまって、6オン1パットのダブルボギーが残念でした。1回でバンカーから出すことができませんでした。ホールが遠く感じた。まだ、合格圏内なので、あす頑張るだけです」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ