ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.8

プロテスト合格者 よろこびの声

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

2019年度LPGA最終プロテスト 最終日 JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)

イ ソルラ(1位:-9)
「緊張感を維持しながらプレーしました。(昨日)1位合格者はQTファイナルステージに行けると聞いたので、頑張りました。前週から準備していたので、1位で合格できて感激です。日本のツアーは練習環境、雰囲気、競技の運営がすばらしい」

西村 優菜(2位タイ:-8)
「3日間変わらず、緊張感を保ったままプレーできた。安心して疲れがドッときました。3-4メートルのパッティングが決められました。思ったラインに打てたのが良かった。QTがあるので、通過して日本で勝ちたい。海外志向が強いので、将来はアメリカ挑戦も-」

安田 祐香(4位タイ:-5)
「全部しんどかった。パッティングが良くなかったが、なんとか耐えることができました。合格して、まずはホッとしました。長い間活躍できる大山志保さんのようなプレーヤーになりたい。飛距離も出るし、ファンも大切にしていらっしゃる」

澁澤 莉絵留(6位タイ:-4)
「前半、1オーバーでターンしましたが、ピンポジションが難しいところに切ってあった。12番のボギーで2オーバー。焦りました。いつもトップ10入りできるような安定したプレーをしたい。追う立場から追われる立場になれるような選手になりたい」

山下 美夢有(6位タイ:-4)
「最終日、緊張していましたが、しっかり集中して、自分のプレーが出来たので良かったです。きょうはショットが付かないところでもパッティングでカバーできました。プロの目標は、賞金女王になることなので、日々そこを目指して頑張っていきたい。目標とするプロゴルファーは、タイガーウッズ。あすは学校行きます。みんなプロテストへ行く前に、応援してくれていたので、本当にいい結果で報告出来るのはすごく嬉しい」

石川 怜奈(8位タイ:-3)
「本当に泣きそうです。ホッとしました。もう二度と受けたくない。全然パッティングが入らなかった。前半、バーディーが1個しか取れなくて、後半は耐えてのゴルフ。本当に苦しかったです。これから頑張るだけです。プロゴルファーになるのは夢でした」

セキ ユウティン(8位タイ:-3)
「今回で3回目のプロテストでしたし、合格出来てとても嬉しいです。このコースはグリーンが硬かったので、フェアウェイキープが大事でした。きょうは風が強くて、ピンポジションも難しかったので緊張しましたが、ずっと集中してプレーできました。将来はフォンシャンシャン選手のように世界で活躍できる選手になりたい」

吉田 優利(12位タイ:-2)
「17番で4メートルのバーディーパットを外して、18番でバーディーパットを打つときに、やるしかないという気持ちになった。残り4-5ホールから、緊張し始めました。こういう緊張感は、日本女子アマとは違う。将来はアメリカでプレーできたらいいな。勝てる、強い選手になりたい」

アン シネ(15位タイ:-1)
「前半終了して、私だけアンダーパーだったが、後半もっと伸ばさないといけないと思っていた。きのうは悲しくて、(帰りの)車の中で泣いてしまった。怒りもあり、いろんな気持ちがこみ上げました。2度とプロテストを受けなくて済むので、試合を楽しみたい」

宮田 成華(18位タイ:+1)
「ホールアウトしたときは、ボーダーラインくらいだったので無理だと思いました。合格できたことを知ったときは安心して、涙が出ました。プロテストは4回目。これまでもファイナルQTまでは進出しましたが、打ってしまう日が1日はありました。今回はちゃんと耐えられたので、そこは成長したかな。QTを通らないと試合に出られないですし、厳しいと思うけど、テストに受かったことを励みにして頑張ります」

西郷 真央(18位タイ:+1)
「ピンポジションがすごく難しかった。2番で3メートルのパーパットが入った。きのうまで入らなかった距離だったので、自信を持ってプレーした。巧い選手よりも強い選手になりたい。不動裕理さんのような選手です。目標は永久シード」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ