ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.12.5

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Tomura Atsushi/Getty Images>

クォリファイングトーナメント ファイナルステージ こだまゴルフクラブ(埼玉県)第3日

フェービー・ヤオ(1位タイ:-10)
「順位は気にしていません。自分のゴルフ、普段通りのゴルフができればいい。ドライバーショットがきのうよりは良くなかったが、ラフからバーディーチャンスにつけて、バーディーが獲れた。あすは寒そうだから身体が冷えないようにします」

木村 彩子(3位タイ:-9)
「きょうの風は、第1日に比べれば弱かったので、前半、もう少しスコアを伸ばしたかった。あと3つはいけたと思う。あすは5-6mのパッティングを決めて、もっと上を目指したい」

仲宗根 澄香(5位:-8)
「72ホールで自分の決めたことをやり抜くだけ。グリーンを外したのは2回だけでしたが、パーで凌げました。狙いすぎず、リズム良く回れた。練習ラウンドで風が吹いた時にどう打つか想定してプレーするようになって、質が上がるようになった」

河野 杏奈(6位:-7)
「1Wが曲がり過ぎて、フェアウェイキープできたのは4ホールのみでした。とにかくひどかったです。それでも2オーバーで抑えられ、何とか耐えられましたが、どうやって耐えたのか意味不明のゴルフでした。1Wを調整してあすに備えます」

東 浩子(8位:-5)
「耐えて耐えてのラウンドでした。ボギーが出てもすぐにバーディーで取り返せたことが大きかった。風が強いのは嫌いではないが、このコースは難しい。そのなかで番手選びがうまくできました。あと1日ちゃんとやるだけです」

藤田 さいき(9位タイ:-4)
「後半は難しくなるとわかっているので、前半よく頑張れました。こんなに緊張したのは何年ぶりだろう。あすも守らず、プレーしたいと思います」

西郷 真央(9位タイ:-4)
「コースが合っています。アイアンが得意なので、グリーンが小さい方がいい。アンダーパーでプレーできて、もったいないプレーもありませんでした。あすも安定したプレーがしたいです」

渡邉 彩香(14位タイ:-2)
「パッティングが日に日に良くなっている。数字として表れているのはプラスの要素。特に3~5メートルぐらいが良く入りました。その分ショットも楽に打てるようになった。最後の最後までしっかりと集中したいです」

吉田 優利(14位タイ:-2)
「ショットが良かったのが大きいです。自分のミスに気づいたのが、大きく崩れなかった要因。練習場でやったことを意識してプレーした。反省はありますが、もう少しスコアを出せたと思います。赤字で、かつ納得のいくゴルフがしたい」

山下 美夢有(14位タイ:-2)
「ボギー無しでまだ回れてないので、(明日の)目標はボギー無し。チャンスが来たら狙っていきたい。(18番バーディー)13mのちょっとフックでした。(今日は)ボギー打った後に、しっかりバーディーを獲れたので、良かった」

川岸 史果(18位タイ:-1)
「あすはフェアウェイキープとパーオンを心掛けたいです。きょうは我慢のゴルフ。2メートルくらいのパーパットも入りました。ボギーが1つで済んで良かった」

臼井 麗香(23位タイ:0)
「苦しいの一言です。悪くないのにスコアにつながらない。ピンにまっすぐ完璧に打てているのに、たて距離が合っていなかった。とにかくスコアにつながってほしい」

藤本 麻子(31位:+1)
「あすは寒さとの戦い。距離感が難しくなりそうですね。うまくゲームにつなげて行きたいです。17番で4パットしてしまいましたが、ティーショットは良かった。ドライバーショットが良かったので、バタバタするゴルフはなかった。アイアンショットの精度が良くなれば楽なゴルフができるかな」

アン シネ(32位タイ:+2)
「私がやることは最善を尽くすこと。最終プロテスト、QTファーストステージ、QTファイナルステージと4日間のテストが今週で3週目です。いつも第3日が悪いので、そのルーティンでいけば、あしたはそんなに悪くならないのかな。ショットがきょうは悪くて、後半風が強く吹いて、風と友達になれませんでした。後半10番から、風が気になりだしました」

菅沼 菜々(43位タイ:+3)
「コーチから『振り切れていない』とアドバイスをいただいて、修正したら良くなりました。振り切って、いつものようにプレーできました。もう少しいけたかな。スコアをイーブンパーまで戻したい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ