ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.9.9

ミリ単位 西郷真央-切れ味の秘密

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 静ヒルズカントリークラブ(茨城県)第1日

 切れ味鋭いアイアンショット。西郷真央の真骨頂だ。前週をオープンウィークに充て、今大会へ向けて再調整。3アンダーと好スタートを切った。パー3の15番、7Iで30センチ、後半の1番、80センチや、パー3の4番で30センチなど、素晴らしい内容が光る。

 「気持ちは、まだイケると感じても、連戦が続くと思うように体が動かないことがある。そういうことに耳を傾けることも必要です。それで、お休みをいただきました」。2日間は全くクラブを握らずに静養につとめ、体力回復につとめる。その後はトレーニングとショットの調整を行った。

 「ほんの数ミリですけど、テークバックの始動がアウトサイドになっていた。うまくスイングを調整したら、クラブフェースでボールがコントロールできるようになったと思います。それと比較すると、1Wは右へ曲がることがあった。でも、雨が降ってボールがぬれていたし、まぁ仕方がありません」と振り返る。

 指導を受けるジャンボ尾崎からは、「しっかり休むことも大切だ」とアドバイスされたという。すべてがベストパフォーマンスをするためだ。当然、ツアー初優勝も視界へ入るが、「優勝したい、という気持ちは常にあります」と笑顔を浮かべ、「そういうことを意識する前に、やるべきことがある」と真顔で話した。

 数ミリの違いが運命を分ける。精密機械のようなスイングを目指し、全身の感覚を研ぎ澄ます。

(メディア管理部・中山 亜子)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter