ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2008.5.16

SANKYOレディースカップ 最終日

 2008年度LPGAステップ・アップ・ツアー第1戦『SANKYOレディースカップ』の最終日が群馬県多野郡の吉井カントリークラブにて開催された。

 今年のステップ・アップ・ツアーは過去最高の14試合を予定しており、その開幕戦である今大会は今年で10回目を数える記念大会。最終日の今日も初日に引き続き好天に恵まれ、絶好のトーナメント日和のなか行われた。

 その中、前日からの首位の座を守った廣瀬友美が2位に4打差をつけて堂々のステップ・アップ・ツアー初優勝を挙げた。2位にはアメリカケンタッキー州出身で、今年から日本LPGAに参戦している中崎典子が入った。

 優勝した廣瀬はこの日、序盤の3,4番ホールをボギーとして、このまま崩れるかと思われたが、6,7番ホールでバーディーを奪い、その後も全ホールすべてパーとし、栄冠を手にした。廣瀬は「まだ優勝の実感は全然ないですね。今日は、全然緊張しなかったです。レギュラーツアーは2日目とか緊張するんですけど…。7番ホールのフィーバー賞(このホールで2日間で2アンダーしたものにこのホールの距離にちなんで55万5000円)は意識しました。スコアよりそれを獲ろうと思いました(笑)。春先からショットの調子が良くて(ショットが)切れるようになってきました。最近はピンに絡んでいってくれます。優勝賞金は、ちょっとでも両親に親孝行したいですね。先週、父の誕生日(5月10日)で、母の日もあったので、遅れましたけど…。廣済堂レディスカップから4試合、SANKYOレディースオープンの計5試合の出場権を獲得できたのが大きいですよね。レギュラーツアーでもフィーバーしたいです」と優勝の喜びを共催者である株式会社SANKYOのパチンコ台の代表作の名称に引っ掛けて表現していた。レギュラーツアーで大当たり(優勝)をひけるか期待したい。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ